つくばでアパートを探すみなさんへ!敷金、礼金の正しい知識


敷金礼金

 

みなさん、あけましておめでとうございます!

年末年始、ご実家に帰られた方、親御さんに「そろそろ引越したいんだけど…」と切り出した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もう引越し先を決めている方も!
まだ決めていない方も!

一番の悩みは「引越しにかかる費用」ではないかと思います。

そこでみなさん、敷金、礼金とは何かをしっかり知っていますか・・・?

きっと多くの人が「聞いたことはあるけど・・・」という感じだと思います。

新しいアパートへの引越しを完了してしまう前に
敷金、礼金の正しい知識を作ちゃいましょう!

 

1.敷金とは・・・?

まずは敷金です。

これは入居するときにアパートやマンションの大家さんに収めるものです。

アナタがおとなしく、何も壊さず、家賃滞納もしたりしなければ
その最初に払った敷金は、なんとそっくりそのまま退去時に帰ってきます。

だがしかし!

アナタがうっかり、修理が必要になるくらいのダメージをその借りた部屋に与えてしまった場合、
その修理費を敷金から出されてしまいます。

もしくは、うっかり家賃を滞納してしまった場合にも
その分の家賃が敷金から払われてしまいます。

そうなると当然、そっくりそのまま退去時にもらえるはずだった敷金が
多少減ってしまいます。最悪の場合には1円ももらえないどころか
さらにお金を払わなければならないこともあります。

要するに、大家さんからするとアナタがどんな人かが全くわからないわけです。
そんなアナタに部屋を貸すのは大家さんからしても少し怖いことなのです。
だから敷金という形で最初にお金をもらっておいて、
何かあった時の保障にするわけです。

2.礼金とは・・・?

お次は礼金の説明です。

礼金とは、これも部屋に入居する際に大家さんに収めるお金のことです。

しかし、この礼金は敷金のように退去するときに戻ってきたりはしません!

文字通り、「お礼にわたすお金」というわけです。

この礼金の文化は、古くから日本の習慣であり、それが今でも受け継がれて続いているのです。

昔の日本には今ほどに住むところがなく、家というものはとても貴重なものでした。

そんな時代に家を貸してくれる大家さんに対して、家賃の他にもお礼がしたいということで
始まったのが、この礼金の文化です。

そんなわけで、昔と比べると家の数も桁違いに増えている今の日本では、
大家さんの方から「お礼なんていいよ」ということで礼金0の物件が増えてきているわけですね。

敷金、礼金の他にも仲介手数料というお金もあり、
これは大家さんとアナタとの交渉を円滑に勧めてくれた不動産屋さんに払うお金です。

というわけで、いかがでしょうか!

敷金、礼金について理解していただけたらな、と思います!

それでは正しい知識を持った上で楽しい新生活を送ってくださいね!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb