物件を見るときに出てくるRとかDKとかの意味、説明します!



「普通の筑波大学生は1Rの部屋に住んでいる」、このRってなんだろうと誰もが思ったことがあるはずです。自分で物件情報を見たことが無い人にとっては暗号そのもの。今回は引越しの際によく見かけるアルファベットのご紹介です。基本的にはキッチンと部屋の関係を表しているもので、RとKの違いを理解すれば簡単です。

R

1Rなどと書かれ、ワンルームと読む。部屋とキッチンがドアや引き戸などで仕切られていないような、名前通りの1つの部屋で完結する物件の意味。

K

1Kなどと書かれ、ワンケーと読む。Rとの違いは、仕切りがあるかどうか。キッチンと部屋を仕切りで分けていればこの表記となる。

DK

Dはダイニングの意味。Kのキッチンがダイニングキッチンになっている場合はこの表記になる。ダイニングキッチンは、キッチンとダイニングが仕切られておらず調理者と食事をする人の顔が見えるような作り。

LDK

Lはリビングの意味。居間(リビング)と食事室(ダイニング)と台所(キッチン)が仕切りなく、一体になっている部屋で、広い空間が出来るため、人を呼んで飲み会などを開きやすい。

ちなみに、UBはユニットバス、CLはクローゼットを指します。一応念のため!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb