アパートとマンションの違いって一体なんだろうか?


アパートとマンション。何となく使っていますが、この違いって一体何でしょうか? 両方共同じ?実はドコか違うところがある?そういった疑問を解決します。

不動産業界の用語辞典で紹介しているように、建物の素材は、木造、軽量鉄骨、鉄骨、鉄筋コンクリートがあります。アパートは2階建て以下かつ木造、軽量鉄骨造で作られていて、同じ部屋サイズのマンションと比べると賃料が2割程度安くなる傾向にあります。ただし、その素材の性質上建築コストが抑えられた結果なので、遮音性や耐火性、耐震性はマンションに比べて劣るというデメリットも持っています。

逆にマンションは3階建て以上の、鉄骨、鉄筋コンクリートのものを指します。アパートと比べて素材が丈夫で高価なので価格が少し割高に見えてしまうかもしれません。ただ、それはアパートのデメリットを克服する建築コストでもあります。

このように、建物の素材と高さが主な見分け方です。丈夫ででかいのがマンション、少しデメリットもある小さな建物がアパートといった感じでしょうか。

筑波大学生は主にアパートに住んで居ますが、女性などはマンションに住んでいることも多いです。また、女性だと2階以上の部屋に住みたいといった安全上の理由で利用する人も多いようです。学校から近く、日々の活動拠点の中心で、安全な所に家を置きたいですね!頑張って見つけましょう!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb