【筑波大学 学生必見】宿舎民からアパート民になる際の3つの注意点


みなさんこんにちは!

新入生のみなさんは入学してから3か月経過しましたが、

自分に合ったサークルは見つかりましたか?

また現役筑波大生のみなさん、いつもつくえいをご覧頂きありがとうございます。

みなさんは夏休み中に宿舎からアパートへの引っ越しや新しいアパートへの引っ越しも考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は宿舎民からアパート民への引っ越しを行う際の注意点を3つまとめてご紹介したします

新入生はもちろん、現在宿舎に住んでいる現役筑波大生の方々もご覧下さい!

宿舎民からアパート民になる際の3つの注意点

➀解約手続き

折角、アパートへの引っ越しを決めたのに今の宿舎の契約を続けていると

アパートと宿舎の家賃を払い続けなければなりません。

そこで、今住んでいる物件の解約手続きを進めましょう。

 

ここでチェックするポイントは、”いつ”、”どのように”解約するかです。

まずは現在住んでいる物件(宿舎orアパート)の入居時に頂いた契約書面を見てみましょう。

その中に「解約通知書」を確認し管理会社に問い合わせてみましょう。

ちなみに宿舎からアパートへの引っ越しを考えている方は解約する際に、

もしわからないことがあれば学生生活課に聞いてみましょう。

■学生部学生生活課 厚生・宿舎チーム(ステューデントプラザ3階)

 TEL : 029-853-2266、2265

②解約時の家賃について

2つ目に「解約通知書」の家賃(賃料)と書いてある項目を見つけます!

宿舎民の場合だと”退去日での日割計算で当月家賃を支払う”書かれていますが、

 

アパ民だと1カ月に満たない期間の家賃(賃料)は、”契約終了月を除き日割計算or月割計算した額とする”など物件によって様々な書き方がされている場合があります。

その為、引っ越しを行う月に現在の住まいで”どのくらい”家賃(賃料)を支払う必要があるかを

チェックしましょう。

 

念のため日割計算と月割計算についてもご説明します!

日割計算・・7/14に解約した場合は、7/1~7/14までの14日分の家賃を支払います。

日割りでも実日数(31日)で割る場合と、1ヶ月を30日として日割りする場合がありますのであわせてチェックしましょう!

月割計算・・7/14に解約した場合でも7/1~7/31までの1ヶ月分の家賃を支払うことになります。

1日でも月をまたぐと解約しても1ヶ月分の家賃が掛かってしまいます!月割計算の場合は月初に解約するとめっちゃ損します。。

③原状復帰について

さあ荷造りも終わったし、新居に入るぞ!と思っている方は要注意!

最後に「引き渡し」があります!

引き渡し業務とは前の住まいから退去する場合に、管理人立ち合いのもと室内に破損物がないかの確認と鍵返却を行うことを指します。

※通常30分~1時間くらいは必要なので、余裕をもってスケジュール調整しましょう。

引渡し前には、

  1. 自分の荷物が室内に残っていないこと
  2. 簡単な拭き掃除をしておくこと
  3. 自分が住む前から破損していた場所のチェック
  4. 電気・ガス・水道会社への契約終了手続きを済ませておくこと ※宿舎民の場合は不要です!

みなさん、いかがでしたでしょうか。

上に挙げた以外のことについても書面では退去に伴う様々な注意点が記載されておりますので、是非「契約時の書類」や「解約手続書」を見ておくことをおススメします!

みなさんの新居へのスムーズなお引越しお待ちしております♪

 


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb