【夏休み中に引っ越しを考えている筑波大学 学生へ】アパート選びと日当たりの関係とは?


 

みなさんこんにちは!

新入生のみなさんはやどかり祭も終え、

そろそろ学生生活に慣れてきたのではないでしょうか。

 

また現役筑波大生のみなさん、つくいえBLOGをご覧頂きありがとうございます。

今回はアパートを探す際に気を付けるべき”日当たり”に着目した記事となります!

是非、内見する際は下記の3項目にも注意してチェックしてみて下さい!

 

3つのチェック項目

  • まずは窓が南向きのアパートを選ぼう
  • 南向きでも注意するべき事
  • 他の方角にもおススメはあるのか

 

➀まずは窓が南向きのアパートを選ぼう!

南向きのアパートのメリットはなにより「日当たりが良いこと」にあります!

日本では南から太陽光が入り、お昼頃に最も気温が高くなります。

その為、日中授業の合間に洗濯物が乾きやすく電気代も抑えられるといったメリットがあるんです♪

つくばでは南向きの窓があるアパートが大変多いですが、

まずは不動産屋に「窓はどの方角についてますか?」と確認してみるものよいかもしれませんね。

 

②南向きでも注意するべき事

まずは南向きのアパートを!とお伝えしましたがデメリットも存在するのです。。

その中の一つとして「日当たりとプライバシーを両立することが難しい場合もある」という所です!

大きな窓が東大通りや西大通り、平塚大通り沿いなどにある場合は人目が多くカーテンを開けておくことが難しくなることもあります。

 

レースや薄手のカーテンで対策することができますが、せっかくの日当たりの良さが生かせないこともあるので、内見の際は外観もしっかり見ておくことをおススメします♪

 

③他の方角にもおススメはあるのか

南向きのアパートを選ぶのがスタンダードではありますが、

筑波大生のみなさんにとってはライフスタイルなども様々かと思います。

そこで北向き、東向き、西向きについてもそれぞれのメリットを簡単にご紹介いたしますね!

 

北向き・・太陽光が入りにくいのが北向きです!

朝はゆっくり寝たいという方には向いているかもしれません。気温の変化が他の方角に比べると少ないため、食べ物やお酒が傷みにくいのも特徴の1つです!

<こんな人におススメ>

  • 暑いのが苦手。夏は涼しく過ごしたいと思っている方
  • 夜遅くまでアルバイトをしており朝はゆっくり起床したいという方

東向き・・朝方に光が入って来るため、爽やかな目覚めを迎えることができます♪

<こんな人におススメ♪>

  • 朝型の生活を送りたい方※逆に朝が弱く直したい方
  • 朝早いバイトを入れている方
  • ラクロス部など朝が早い部活/サークルに入られている方

西向き・・午後~夕方に日差しが入って来ることになります。

夕方、授業を終えアパートに戻ってくると部屋はどこかロマンチックな雰囲気を感じます♪

冬は部屋を暖かく保ちやすいというメリットもありますので、くばの寒い冬には向いているかもしれませんね。

 

<こんな人におススメ>

  • 寒いのが苦手。冬は暖かく過ごしたいと思っている方
  • 夕方にはお部屋でゆっくりと過ごしたい方

いかがでしたか?

是非アパート探しの際は不動産屋に「窓はどの方角ですか?」とお聞きしてみるのをおススメします!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb