search

create
受験応援

【人文学類合格体験記】出身高校史上初の筑波大生になった女のとにかく自由度が高いAC入試対策【筑波大学受験生応援メディア:AC試編】

吉田峻

吉田

  • OB
  • 筑波大学 生物資源学類

目次

筑波大学受験生時代のあなたのプロフィールを教えてください

学群・学類:人文・文化学群 人文学類
入学年度:2017年度
入試形式:AC入試
併願校:國學院大學
文理:文系
受験時のステータス:現役
名前:山田音々(掲載可)
出身高校(正式名称で):会津若松ザベリオ学園高校
高校偏差値:45あたり
高校での成績順位(席次):
高校卒業時の内申点(5段階平均):4.4
おすすめ参考書:AC入試の場合は自分の研究したい分野の論文を読み漁る
所属:演劇部(部長)
部活の引退時期:6月中旬
補足情報:高校時代は部活に青春を捧げていました。そこで興味を持った「言語」について自ら調査を行い、論文にしました。

受験共通で大事にしていたもの(あなたの受験哲学を教えてください)

やるときはやる!メリハリをしっかりつけていました。私は、夏前までずっと部活をメインに活動し、その後は、受験の他にも3年に1度の文化祭の副実行委員長として走り回ったりしていました。息抜きをするのが下手で、どんなことも一生懸命に取り組むことが私の長所であり、短所として挙げられます。その特性を利用し、1つのことに絞っていっぱいいっぱいになるより、他に夢中になれるものを探し、分散できるようにしていました。そのおかげで、どれもおろそかにしてはいけないという責任感から、やるときはやる、短期集中で乗り切りました。

なぜ他の大学ではなく、筑波大学の受験をしましたか?

筑波大学出身の先生とお話をさせていただいた際に、筑波大学の魅力にどんどん惹かれていきました。中でも、自分の専攻以外にも教養を身に付けるために他学類の授業を受けれることは驚きました。専攻に特化していることも大事ではありますが、自分の可能性を狭めるのではなく、たくさんの選択肢の中で自分の興味・関心を広げ、可能性を広げていく、教養のある面白い大人になりたいなと思いました。また、AC入試という受験スタイルにも面白さを感じ、受験することを決めました。自分の(自己流である)研究を見ていただく貴重な機会で、力試しのような気持ちで受けました。 

筑波大学の志望動機受験した理由)を教えてください

まず、私の関心のある言語学日本語学コースには、文法や音韻などそれぞれの分野にスペシャリストの先生方がいらっしゃったことが大きかったです。私が当時興味をもっていたのはオノマトペ(擬音語・擬態語など)の音韻でしたが、音韻以外の観点からオノマトペや「言葉」を考えたら、また違った面白さが見れるのではないかと考えました。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)対策として、どんな対策していたか具体的に教えてください

AC入試の書類は、自由度がとにかく高いです。そのため、「なにをどのように書いたらいいか」、「他の人はどうしているのか」など、不安も大きいと思います。自由だからこそ難しい…。そこで見られるのが、「課題発見力」「問題解決能力」です。何もないところから自分なりの課題を発見し、それをどのように考え、行動し、解決するかが問われています。何も大きな実績がすべてではありません。その人自身の学力では測れない能力を見る入試なので、自分自身でしっかり考え、行動できる主体性をしっかりアピールできれば興味を持っていただけると思います。私自身も、演劇部の大会などの「結果」ではなく、部長として、脚本担当として、演出として、主演として、その「過程」をしっかりとアピールしました。そして演劇部での活動を通して「言語」の面白さを学び、自然と研究に結びつき、AC入試を受けることになりました。

2次まではとにかく自分の専攻の知識を詰め込みました。さらに、自分の書いた論文に関する質問にきちんと答えられるように、ひとつひとつ「どこに目を付けたか」「なぜこの方法にしたのか」「どう考えたのか」自問自答を繰り返した記憶があります。一人ではどうすることもできないので、高校の先生方に面接対策として、私の論文に関する質問をいくつか投げかけてもらいました。そうすることで、さまざまな視点からどのような疑問点が生まれるのかを確認しながら対策をすることが出来ました。

5分で高校時代にやってきたこと(部活動や実行委員会での活動、研究を含む)を話してくださいと冒頭に言われることは知っていたので、事前に原稿を作っていきました。それを覚え、棒読みにならないように抑揚や例え話を曲げることを意識し、話し言葉、口調になるように演劇部で培った演技力(?)を存分に使い切りました!

入試(受験)における苦手科目と克服の対策を教えてください。

自分を知ることがとても難しかったです。AC入試は学力では測れない能力を見られるので、自分自身が自分の思考や能力を把握していなければ話になりません。今まで自分と向き合うことをしてこなかった私は、思考や感情を言葉にすることのむずかしさ、自分のダメな部分を受け止めることがどれほど苦しいのかを改めて実感しました。その時に支えてくださったのが、高校の先生方でした。なにもかも嫌になって感情的になった私を学年主任、進路指導主任、担任、筑波大学(同じ専攻)の卒業生である先生の4名の先生が、私をひたすら肯定してくれるという会を開いてくださったおかげで、第三者から見た「私」を理解でき、ダメなところだけでないことを実感できたため、その後は「私はいいところもあるんだ!」とダメなところも含めて受け入れられるようになりました。単純なんです。

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時やモチベーションの維持のために、どんな工夫をしましたか?

友人の受験に対する姿勢を近くで見てました。人が頑張っている姿を見て、力をもらえていました。あとは、合格した自分を想像してニヤニヤすることも多かったです(笑)出身高校では歴代、筑波大学合格者がいなかったため、私が1号になったら格好良くない??と言い聞かせてモチベーションをあげてました。

筑波大学受験当日に宿泊したホテル(宿泊先)についてお聞きします。あなたの宿泊した【ダイワロイネットホテルつくば】の良かった点、気をつけた方がいい点も合わせてお答えください。

駅に近く、とてもよかったです。私は何度か1人でホテルに泊まったことがあるので、チェックインや自動精算などに慣れていましたが、慣れていない人は時間がかかってしまうかもしれません。あと、お願いすれば荷物など預かってもらえると思います。私は預けるのを忘れて駅付近のコインロッカーにぶち込んだのですが、預けたほうが楽でお金もかかりません。

筑波大学受験当日にどのような交通機関(バス・タクシー・親の車など)を使っていましたか?またおすすめのポイントや困った点も合わせてお答えください。

ホテルからバスを使いました。前日にバス停を確認していたので当日はスムーズに乗ることができました。また、地域によってはバスの乗り方が異なると思うので、普段バスに乗らない人も含め、つくばのバスは真ん中のドアから入り、整理券を取るか、交通系ICカードをタッチさせて乗ること、降りる場合には整理券の番号と料金表を照らし合わせ、運転手さん横のドア付近で生産を済ませ、そのまま前のドアから降りることを覚えておくといいでしょう。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)前日・当日はどんな試験内容で、どんな雰囲気でしたか?

前日は、いままでの面接対策でメモをとったもの、原稿などに目を通し、一度暗記できているかを確かめてからはなにもせず、ただ散歩したり、地元にはないスタバを飲んで楽しんでいました。当日は学校からクラスのみんながテレビ電話をつないでくれたおかげで、緊張が和んだ状態で受けることができました。内容は、5分間スピーチ、論文に関する質問や意見、演劇部での活動に関する質問などで、50分ぐらいお話ししました。雰囲気は厳かな感じで、会場に入った瞬間に冷汗が出ました。少し怖いなと思う質問や雰囲気もありましたが、わからないことはきちんとわからないと言うことや、向上心があること、めげない気持ちがあることをしっかりアピールしました。

筑波大学の入試(受験)で、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

もっと早い段階で準備しておけば良かったと感じています。1次~2次の間くらいで急いで知識を詰めたりしたので、もっと余裕を持って長期的に知識を詰める作業をしておけばいっぱいいっぱいにならずにすんだのかなと思います。

【人文学類】に入って良かったと思えることは何ですか?

言語以外にも様々な専攻の人がいるため、いろいろな知識や思想をもった人々とお話できるのはとても面白いと日々思っています。国を超えて、時代を超えて、皆が違う視点から「人間の文化」を考えているのはとても魅力的です。

【人文学類】入って受験期と比較してどんなギャップりましたか?

自分の専攻に偏った友人付き合いや、授業選択になるのかとおもいきや、1年次では専攻に関係なくいろいろな授業が取れるため、幅広い友人付き合いや知識を得ることが出来ています。

筑波大学入学後、特に力を入れている活動(部活・サークル・学生団体・研究など)ですか?

アルバイトです。実家からの生活費の仕送りがないため、自分で稼がなければなりません。1年次には結婚式場のスタッフ、アミューズメント施設のスタッフと両立をしていましたが、2年次からはアミューズメント施設に絞り、アルバイトを行っていました。他の学類の人や、様々な経験をしてきた大人の方々、いろんな人がいるな~と実感させてくれるお客様など大学に行っているだけでは関わらない人々と、アルバイトを通して出会えたこと、経験できたことが今の私を作り上げてくれています!


あなたの将来の夢を教えてください特に筑波大学入学後で夢が変わった場合教えてください。

教員を目指し、教職に関する科目を取っていましたが、自分が教員に向いていないことがだんだんと自分でわかってきました。実際にやってみたからこそ、自分に合わないと感じたので、授業を取っていたことは後悔はしていません。今の夢は、誰かにいい影響を与えられる大人になることです(笑)

最後に、今受験で戦っている筑波大学を志望するみなさんに応援メッセージ・アドバイスなどをお願いします!

自分を信じてください。信じられなくなったら、自分を信じてくれる人を信じてください。それでも信じられなくなったら、あとは今までの自分の努力を信じてあげてください。私はそれで乗り切れました。そんな簡単なことではないのかもしれませんが、信じることで心を強くして、平常心を保って、受験に望んでください!

「つくいえ」の相談会参加でAmazonギフト1,000円プレゼント

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク