search

create
受験応援

【筑波大受験生向け】筑波大学合格体験記!

アバター

加藤 夕貴

目次

 筑波大学受験生時代のあなたのプロフィールを教えてください

学群・学類:芸術専門学類
入試形式:一般前期
併願校:なし
文理:文系
受験時のステータス:現役
名前:Sさん
出身高校(正式名称で):茨城県立土浦第二高等学校
高校偏差値:66
高校での成績順位(席次):10位〜20位/320 人中
高校卒業時の内申点(5段階平均):4.6
おすすめ参考書:青チャート
所属:書道部
引退時期:高校3年生6月

受験共通で大事にしていたもの(あなたの受験哲学を教えてください)

スキマ時間活用タイプ。とにかく長時間座っていると集中が続かないので、飽きたらすぐうろうろしながらリスニングの勉強。座っているより立ってる時間が多かったくらい、耳で勉強してました。英語のリスニング以外にも、暗記科目を音読して、録音したものを聞いていました。

なぜ他の大学ではなく、筑波大学の受験をしましたか?

書が学べる数少ない大学かつ地元で馴染みのある大学だったからです。併願校で経営や情報系の学部を受験していて、文理問わず幅広い分野に関心があったので、総合大学であることも魅力的でした。

筑波大学の志望動機(受験した理由)を教えてください。

共通テスト初年度でどんな問題が出るかわからなかったので、実技と共通テストが1:1の配分になっている筑波大学にしました。実技の方が勉強よりも安定した点数が取れると思ったし、自分の強みを活かせると思ったので。

(センター試験入試(共通テスト)を受けた人のみ)センター試験への入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。

推薦の結果発表で不合格になった瞬間にさすがに焦って約1ヶ月間で詰め込みました(遅い笑)数学は2科目のうち点数がいい方、社会は第一回答科目のみだったので、数学は得意だった2Bだけ、社会も第一回答科目の現代社会だけをひたすら解きまくりました。知識不足よりも、共通テストの形式に慣れていないことが不安だったので、毎日必ず共通テスト用問題集を解いて、採点して、間違えたところを確認、の繰り返しでした。
でもなぜか1ヶ月以上放置していた数学1Aの方が点数が良かった…不思議…。(ちょっとショック笑)

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。(芸専・体専の方は実技対策をご記入ください)

書道教室の先生が筑波大学の書領域出身だったので、完全に先生に従って対策ををしました。4歳から習っていることもあり技量に不安はなかったので、試験の形式に慣れるために先生が模試を作ってくださいました。時間配分や取り組む順番、どの筆を使うかなど、できるだけ当日の試験を想定して取り組みました。

入試(受験)における苦手科目と克服の対策を教えてください。

暗記がどうしても苦手だったので、日本史は捨てました。そのため、第一回答科目は現代社会、第二回答科目は政治・経済と、公民2科目で受験しました。公民2科目で受験することができる大学は限られているので、早めに調べておくといいと思います。
また、英単語も苦手で単語帳をひたすら覚える勉強法が合いませんでした。幸い、共通テストは全て長文で1つの単語の意味を問われることはないので、長文だけを解きまくって雰囲気で乗り越えました(笑)そのせいで私立はボロボロでしたが…(笑)

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時やモチベーションの維持のために、どんな工夫をしましたか?

実技対策でバランスを取っていました。勉強ばかりしていると気が滅入ってしまうので、実技も大事だし!と自分に言い訳をして勉強に飽きたらすぐに実技に逃げました(笑)とくに仮名は学校の机でもできるので、休み時間に墨をすって書いていました。墨の香りが漂っていたので周りには迷惑だったかもしれません(笑)

通っていた予備校(塾)があれば教えてください。またなぜその塾を選んだか、実際に通ってみての所感など教えてください。

河合塾マナビスに通っていました。もともと塾が苦手なので通うつもりはなかったのですが、コロナ禍で学校の自習室や図書館が閉鎖されてしまったので入塾しました。自分で受講する科目数を選べて、1つでも取っていれば自習室は使い放題なので、場所の確保という点では非常に良かったです。

筑波大学受験当日に宿泊したホテル(宿泊先)についてお聞きします。あなたの宿泊先の良かった点、気をつけた方がいい点も合わせてお答えください。

実家暮らしのため宿泊はしていません。

筑波大学受験当日にどのような交通機関(バス・タクシー・親の車など)を使っていましたか?またおすすめのポイントや困った点も合わせてお答えください。

母が車で送迎してくれました。共通テストの日は混みますが、一般・推薦の日は自家用車で来る人はそこまで多くないので、道が混みすぎて遅刻することはないと思います。ただ、万が一何かあった時に歩いていけるように、自分でもルートを覚えておいたのは良かったと思います。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)前日・当日はどんな試験内容で、どんな雰囲気でしたか?

つくばという土地に慣れていたのでさほど緊張することなく取り組めました。
むしろ推薦前日はワクワクしていました。展覧会やコンクールはあっても、試験を受けることは初めてだったので、どんなライバルがいるのか、どんな空気感なのか、楽しみでした。推薦で落ちたので、一般の時の方が少しだけ緊張しましたが、推薦のときと雰囲気が同じなので、すぐに気を取り直して集中して取り組みました。

筑波大学の入試(受験)で、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

推薦までに実技の対策が終わりきらなかったことです。書風を直前で変えるか迷って、時間がないので変えないまま行ってしまいました。もう少し余裕を持って、どんなスタイルで試験に挑むのかを決めてから練習に取り組めば良かったと後悔しています。おそらくその迷いが減点につながったと思うので。

あなたの学類に入って良かったと思えることは何ですか?

【芸術専門学群】私は書で入学しましたが、2年次から情報・プロダクトデザイン領域にいくことを決めました。このように、入り方は違えど自分の興味・関心に従って自由に学ぶことができるのは、この大学の強みだと思っています。「芸術」と一括りにしても多岐にわたる分野を学ぶ人が集まっているのでみんな個性があって面白いです。

 

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク