【筑波大学生の一人暮らしお役立ち情報】狭いベランダでも大丈夫!洗濯のコツ!!


a1150_000031

一人暮らしの部屋のベランダは、実際に洗濯をする段階になると狭く感じるものです。
物件によっては室内に洗濯機が置けず、ベランダに置くことになりますから、
そのような場合はさらに狭くなってしまいますね。
また、一人暮らしの女性の場合は、下着などを外から見えるベランダに干すのは少し不用心です。

今まで家族にしてもらっていた洗濯の仕方に、はじめは戸惑う学生の方も多いでしょう。
今回はそんな一人暮らしの洗濯グッズと洗濯法についてご紹介します。

 

◇便利な選択グッズ

4c3e22e3e9e556914a7ae2005d64899f_s

まず、物干し竿を買わなければなりません。
一人暮らしの場合、洗濯物をためてもそこまで量が多くならないものです。
物干し竿は小型で、ベランダの3分の2くらいのスペースに収まるものがよいでしょう。
女性の場合は、ベランダの壁で隠れる高さの物干し竿などもあるので、
それを使えばベランダの壁で上手く洗濯物を隠すことができます。

また、洗濯バサミがたくさんついたおなじみの洗濯グッズもあると便利です。
靴下や下着はこれで乾かせます。

そして最後にハンガーです。ティーシャツなどを干す際、
ハンガーを襟元から入れると襟が伸びてしまうので、
ふつうはいちいち服の下からハンガーを入れなければなりません。
しかし、これは意外と時間がかかる上、とても面倒です。
今はハンガーの持ち手に工夫がしてあって、
襟を伸ばさなくても服の襟元からハンガーを入れられる商品もあるので、
そういうものを選ぶと選択の時間がグッと短縮できます。

 

◇洗濯のコツ

0889470c4fdbda1722cc29e4518a4d25_s

洗濯にあまり慣れない人がやりがちなミスに、ティーシャツなどをそのまま洗ってしまい、
襟が伸びてしまうことがあります。
基本的に洗濯物は全て洗濯ネットに入れて洗う方がいいです。
シャツ用、下着用、靴下用、タオル用など、ネットも複数そろえるといいでしょう。
おしゃれ着は長持ちさせるために、おしゃれ着用洗剤で洗うようにしましょう。

次に洗濯を乾かす段階ですが、本来は晴れた日の朝に干して、
日暮れ前に取り込むのが一般的です。
しかし、学生の場合日暮れ前に帰宅できない日もありますよね。
そのような場合、夜7時など夕食時に洗濯して、
そのまま干してしまうと言うのがあります。次の日が晴れていれば、
午前中の内には乾いてくれるはずです。

梅雨時期や冬場などは部屋干しをする必要もでてきますが、
面倒だからといってカーテンレールに洗濯ものをつるしすぎないようにしましょう。
少量なら問題ありませんが、あまりたくさんカーテンレールに服を吊るすと、
レールが折れる可能性があります。
つっぱり棒や室内用洗濯物干し竿を買って干すのが理想的です。

洗濯は一人暮らしの家事の中でもかなり面倒なものです。
しかし慣れて手際がよくなれば、最小限の時間でこなせるようになります。
洗いたてのタオルや服がいい匂いだと、気持ちがいいですよ。

 

 


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb