学類誌「MAST」編集部:筑波大学サークルインタビュー


MAST写真1

 

創成の創成による創成のための学類誌「MAST」

 

今回は、情報メディア創成学類のための学類誌「MAST」の編集部に

インタビューをさせて頂きました!!

 

学類誌がある学類は現在ほとんどなく、

学類誌があるというだけで学類への愛をかんじますよね。

「学類」っていいすぎて気持ち悪くなってきたところで、

「MAST」編集部さんの学類への愛がどれくらい深いのか…覗いてみましょう!

 

学類誌「MAST」とは、

 

情報メディア創成学類のための情報誌。

情報メディア創成学類が出来た2007年から1年後の2008年に、

情報メディア創成学類1期生によって、創刊されました。

 

春と秋に1冊ずつ、加えて研究室紹介号が年に1回発行されています。

 

春学期号は主に入学してきた1年生へ、

研究室紹介号は3年生の配属説明の時に配布されます。

春日の掲示板前にも置かれているのでご自由にとってくださいね!(#^^#)

 

他にも、学類のHPからも閲覧可能なので、

興味がある人は学内からアクセスしてみてください!

学外からは表紙しか見ることが出来ないので注意!

 

ここでつくいえからのお願いです!

つくいえでは、MAST編集部さんへのインタビューを

サークル紹介記事としてHPに掲載させていただいておりますが、

 

MAST編集部は筑波大学のサークル一覧には登録されていないので、

正式にはサークルではありません!

 

「情報メディア創成学類のための学生団体」という意味合いのほうが強く、

サークルではない!ということを覚えておいてください!よろしくお願いします(*^^*)

 

 

活動日時

 

毎週木曜日 18:30~(1時間程度)

 

情報メディアユニオン2階クリエイティブメディアラボ(通称クリラボ)にて

ミーティングを行っています。

ミーティングでは、企画についてみんなで話し合ったり、

企業のインタビューの日程を決めたりしています。

その他、個別の記事は自分の好きな時間に編集等を行います。

 

所属人数

 

10人(1年生4人、2年生4人、3年生2人)

男女の割合は1:1です!バランス良し!

OB・OGさんがいらっしゃる時もあるそうですが

基本的には1,2,3年生で活動しています。

編集の経験が元々あった人はおらず、全員で試行錯誤しながら制作しています!

 

メンバーの募集はメ創にしかしていないそうなので、メンバーは全員メ創ですが、

知識情報学類の人が取材についてきたい!ということで

一緒に取材を行ったことがあり、他学類の方の協力もOKだそうです!

 

兼サしている人もいますが、兼サしてもやりきれるように

うまく仕事を割り振るようにしているそうです。

 

編集部としての目標

 

創成の学類生のためになることが目標!

 

年間費用

 

学類誌の発行に関する費用は、学類の予算から出していただいており、

新歓費用などを除いては、メンバーが費用を負担することは基本的にはありません。

 

年間スケジュール

 

4月   新歓&春学期号を1年生に渡す

 

5&6月 メンバーが集まったら、秋号に向けてミーティング

⇒どこの企業へ行くか・カラーページをどうするかなど話し合う

書きたい記事があれば、企画書を提出

 

7&8月 企業へのインタビュー(1、2社)と

現役で面白い活動をしているメ創の学生へのインタビューを行う

 

9月   月末まで編集、完成したら印刷・製本を行う

印刷・製本では1週間ホチキスをパチパチ(ある意味一大イベント)

 

10月  秋号発行!!!

11月       春号に向けてのミーティング開始!

秋号と同じ行程を踏んで3月に完成します。

 

研究室紹介号については、春学期の後半から編集をはじめます。

1年生が編集を行うことが慣例となっており、そこで作業を覚えていくそうです。

 

新歓では、編集部で使っているソフトの講習会を4回ほど行っていて、

そこで説明される、文章部分の編集に特化したInDesign(インデザイン)や、

イメージ編集ソフトであるIllustrator(イラストレーター)などの

ソフトに興味があって入ってくる人も少なくないそうです。

 

「MAST」編集部の一押し部分

 

1、大企業にインタビューに行けること!

マイクロソフト社やTwitter社、アドビシステムズやベンチャー企業など

本当にいろんなところに行くことができ、貴重な経験になると思います!

 

この前はプログラミング言語を開発した方にSkypeでインタビューをしたそうです。

また、インタビューを行った企業で働くOBなどもおり、

社会とつながることができるという魅力があります。

 

2、学類のことを知れる!

メ創に入って何をやっているか、自分たちでもよくわからないことがある。

けれど、先生方と密に連絡を取ったり、企画を考えたりしているうちに、

音楽とかゲームとかSNSだとか、たくさん案が出てくる時点で

メ創って本当にいろんなことやってるよなぁと、

おぼろげながらも、1番よく見えるようになるのが「MAST」です!

 

どんな人に入ってほしいか

 

だれでも歓迎です!2年生からでもOK!

取材・インタビュー・編集したい人は是非来てみてください!

学類に愛着がある人や学類のことをもっと知りたい人も歓迎しています!

 

取材された方の「MAST」編集部に入った理由

 

<前編集長遠矢さん>

私は1年生の時に入ったのですが、元々出版系の仕事に興味がありまして、

レイアウトやデザイン方面をやりたいと思って入りました。

それがいつのまにか全体をまとめる立場になっていました(笑)

 

<現編集長瀧下さん>

私は新歓で行われていた編集ソフトの説明に心惹かれて入りました。

あとは、いろんな企業にいけるところにも魅力を感じています!

 

 編集後記

 

いかがでしたか?

私のつたない文章で「MAST」編集部の学類愛が伝われば幸いです。

インタビューを行った私自身、

学類への愛が溢れる素敵な編集部だなぁという印象を受けました。

 

こんなにも学類のことを考えて、一冊一冊丁寧に制作された

学類誌を読むことが出来る、情報メディア創成学類の皆さんはとても幸せ者ですね!

 

「MAST」編集部では、編集部員はもちろん

企業への取材に同行したい方や、記事を載せてほしい方、

こんな企業にいってほしい!こんな企画をやってほしい!などの

要望も受け付けています!!

 

この記事を読んで、少しでも「MAST」に興味を持って下さった方は

ぜひ、下記のサイトにアクセスしてみてくださいね!!

 

学類誌「MAST」HP http://www.mast.tsukuba.ac.jp/information/mast.html

(注:学外からは表紙しかみることができません)

 

「MAST」編集部Twitter  https://twitter.com/MAST_editor

 

MAST写真2

MAST写真3

MAST写真4

 

■取材、文

つくいえサークル広報局 小関

取材をご希望されるサークルは@tsukuieか、

是非お問い合わせフォームからご連絡下さい。


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb