search

総合学域群

文系も理系も!筑波大学合格のための『2つの英語』について解説

つくいえ編集部

つくいえ編集部

  • つくいえ編集部
2つの英語

2つの英語アイキャッチ

筑波大学志望の皆さん、こんにちは!ツクガク運営事務局です。

4月に入り、受験日まで残り9ヶ月となりましたね。

受験勉強では志望校に合わせて勉強の戦略を立てることが大切ですが、皆さんは筑波大学の入試で重視される科目を知っていますか?

結論を言うと、筑波大学では、推薦入試・一般入試、両方で「英語力」が重視されます。

特に、配点の高い二次試験の英語、英検・TOEICなどの外部英語試験が評価に大きく影響します。

そこで今回は、筑波大学受験に必要な【2つの英語】の解説、さらに英語力を上げるためのコツをお伝えします!

①配点の高い二次試験

筑波配点

この表は、筑波大学二次試験の配点一覧です。

文系/理系関係なく、二次試験では英語が必須科目となっており、その配点は合計点数のうち16%〜32%を占めています。

さらに、筑波大学の二次試験問題はかなり特殊です。
他の国立大学のような、単なる英文和訳や内容説明だけではありません。多種多様な出題形式の問題多語の自由英作文が出題されるため、高度なリーディング力・ライティング力が試されます。

よって筑波大学の受験では英語力が必須と言えるでしょう。

②英検・TOEICなどの外部英語試験での高得点

英語

筑波大学の推薦入試では、英語外部試験の成績を総合評価に反映することが、公式に発表されています。

英語学部試験とは、実用英語技能検定(英検)、TOEIC、TOEFL、IELTS、ケンブリッジ英語検定などのことです。
これらの試験に合格、もしくはかなりの高得点を獲得する必要があります。

国際学類、医学類では英検1級合格程度、その他の学群・学類では英検準1級合格程度の英語力が求められます。
逆に、英検1級もしくは準1級程度の英語力がない場合、加点対象とならないため、高得点獲得者に大きく差をつけられてしまいます。

英語学部試験での高得点獲得が推薦入試合格に大きく影響するため、筑波大学の推薦入試では英語外部試験の受験が必要だと言えるでしょう。

筑波に受かる英語力を身につけるために

筑波大学受験専門オンライン個別指導塾「ツクガク」では、筑波大学志望の受験生の皆様に向けて『集中特訓!筑波大入試英語対策セミナー』を開催します。

「英語の勉強法がわからない」「推薦の英語面接対策が不安」「大学入学後は留学を考えている」という方向けに、英語に特化したイベントを企画しました。文系理系問わず、受験生全員に役立つ情報をお届けします!無料のセミナーとなっておりますので、奮ってご参加ください!

本イベントには筑波大学在校生が登壇し、筑波大学入試英語の出題傾向や対策方法を詳しく解説します。さらに皆さまのどんなご質問も回答します!この機会に入試における英語に関する疑問を解消しませんか?

<開催日程>
1回目:4月19日(水)19:00~20:00
2回目:4月23日(木)19:00~20:00

<開催形式>
zoomウェビナー
*お申込み後、後日URLを配布します。

<コンテンツ>
第1部:筑波大入試における英語の重要性
第2部:二次試験英語 傾向解説
第3部:予想問題演習・解説
第4部:ツクガクで実現できる英語強化特別プラン
第5部:質疑応答

<こんな方におすすめ!>
・推薦入試に向けて英語力の鍛え方を知りたい方
・筑波大学前期入試に向けて、英語の点数を上げたいと思っている方
・国際総合学類を志望する学生
・大学入学後は留学も検討している方

<参加費>
受験生・保護者様ともに無料

ツクガクでは【英語コース】を開設しています

英語コース

「ツクガク」では英語学習に力を入れたい受験生の皆様に向けて、「ツクガク英語コース」を開設しています!

「英語だけは、独学の勉強がキツイ…」
「スピーキング、リスニングを実践する場が欲しい!」
「学校では英語の面接対策に対応してくれない…」

そんな生徒様のニーズにお応えして、ツクガク英語コースでは共通テスト/二次試験対策に加えて、推薦入試の英語面接英語外部試験に対応するためのリスニング/スピーキングを強化します。

筑波大学の留学生ネイティブレベルの英語力を持つ筑波大学生による、特別な英語の授業を受けてみませんか?

詳しくは個別相談会にて!

コメント

4 × three =