保証人は筑波大学生が契約するときに誰にするのが良い?


つくばの地で筑波大学生がアパートを借りるということは、貸借契約を不動産会社さんと結ぶという事と同じ意味です。たとえ三年次編入のように既に成人している場合でも、保証人の署名と捺印を不動産会社は要求します。一般的な入学したときの年齢である18歳であればなおさらのこと。

保証人を誰にすればいいか問題ですが、ほとんどの場合は親が正解です。ただ、親が遠くに住んでいるときは、近くの親類の方が望ましいかもしれません。ここらへんは、家族で相談することが必要ですね!

保証人の署名と捺印は、直筆かつ銀行印が必要なケースが多いので、遠くに住んでいる人が保証人になる場合は、郵送して書類を書いてもらうことになります。中には、データで親に書類を送って、親が印刷、署名、捺印した書類を郵送するという方法をとっても良い会社もあります。

ちなみに、保証人になれるのはそもそも、支払い能力があることが前提なので、収入などを記入する必要があり、それをもとに不動産会社は適切な保証人であるかを審査します。審査が下りないケースはあまり聞きませんので心配はせず正直に記入しましょう。


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb