宿舎To宿舎 – アパートに引っ越さないという選択肢も実はある


基本的に筑波大学の宿舎には1年間しか居ることが出来ない…のだが、安いし近いしと住み続けたい気持ちになる。筑波大学はそんな人の為に、抽選式で来年も住み続ける事が出来る枠を用意してくれている。その抽選に見事当選すれば来年も住めるのだ。申込は一人部屋と二人部屋から選ぶことが出来るので、この記事の最後でスケジュールを確認しておこう。スケジュールは昨年のものだが、基本的にその前後1週間には行われている。ちなみに、今住んでいる部屋に継続して住むことは基本的に出来ない。管理棟に指定されたエリアや棟に住むことになる。本当に強運の持ち主なら継続して住み続けることは不可能ではないが、宝くじの当選のようなもので、あまり心配しなくて良い。

競争率は意外にも多いので頑張って勝ち抜こう。他の人の名義を使って応募する人が後を絶たないが、契約時の名前が他人になったりと後々面倒なことになるので正々堂々と望んで欲しい。言い忘れたが一の矢宿舎の二人部屋は一人部屋の3倍も広く、部屋にトイレもついている。寄宿料は月々9千円とお得なので、お得が大好きな人は二人部屋も検討してみると良いでしょう。ちなみに、宿舎オンリーにフルコミットすると、外れた時に良い物件は残っていないというケースも有り得るので、多くの人は抽選をしつつ、アパートも探しておくというリスクヘッジをしていますので、皆さん真似しましょう。

■一人部屋
◯募集掲示
11月1日
◯申込受付
11月17日~19日
◯抽選
11月29日
◯申込場所
スチューデントプラザ3F学生生活課

■二人部屋
◯募集掲示
1月5日
◯申込受付
1月12日~14日
◯抽選
1月18日
◯申込場所
一の矢学生宿舎管理事務所


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb