筑波大学写真部:筑波大学サークルインタビュー


筑波大学写真部:筑波大学サークルインタビュー

集合写真shuusei (1)

 

筑波大学 写真部!

 

みなさん「一眼レフカメラ」って、よく聞きますが

実際はどんなものを指すのか、分かりますか??

 

簡単に言うと、レンズがぎゅいーんと伸びるのではなく、

取り換えをするカメラのことなのだそうです!!

しかも、その中でもデジタルとフィルムがあります。

 

また「二眼レフカメラ」というのもあります!

カメラについて知らないことは、たくさんありますね。

 

写真に対するイメージは人それぞれで、「難しそう」という人もいれば

「手軽に残せる思い出」と感じる人もいます。

 

でも、そうした様々な感性があるからこそ、

その人にしか撮れないものがあるのではないでしょうか?

 

大学生という今しかない思い出を、

自分の手で、仲間と一緒に残せるのが、写真部です。

 

筑波大学創立翌年から存在し、歴史と深い文化があるこの部活で、

大学からちょっと、素敵な趣味を始めてみましょう!

 

 

活動日時・場所

毎週 金曜日 18:30 ~

1C棟 1階 暗室 (ミーティングも現像も可能!)

 

 

所属人数

約30名

2014年度の1年生は5人。

他に3年生や院生も新しく仲間入りしました。

 

 

男女比・学類の割合

男子が多めです。

しかし!現在の部長さんを始めとする幹部たちは、みんな女性!

怖がることは、何もないですよ!!

学類は偏りなく、バラバラです。

 

 

初心者の割合

大学から始めた人が多めです。

個人的な趣味で、小さい頃から好きだったという人や、

高校で写真部だったという人も、中にはいます。

 

 

サークルとしての目標

写真を通じて交流し、互いに技術を向上させて、

自分の表現をしよう、という活動目標があります。

 

ただ黙々と撮るのも楽しいですが、誰かと一緒に写真を楽しむのは、

サークルに入っているからこそ出来ることです。

 

年間費用

部費 5000円

加えて、撮影会・食事会の費用、個人のカメラの購入費がかかります。

フィルムを使う人であれば、その費用などもかかります。

 

カメラの値段はまさしくピンキリで、種類も多様。

おなじみのコンパクトデジタルカメラから、一眼レフまで!

部員のこだわりが光ります。

お父さんや、おじいさんのカメラを譲り受けた、という人も多いです。

 

 

年間スケジュール

4月  新歓期 (本新歓では写真展示)

6月  新人展 (学内、3学ラウンジ)

7月  2014年初開催!写真部さくら組との合同展示 (3学ラウンジ)

今後の継続に期待です!

夏休み 合宿 (泊まり旅行で写真を撮りまくります)

11月  学園祭 展示

1月  展示会 (不定期開催)

 

普段の活動として重要なのは、月に1回の撮影遠足!

 

日帰りの遠足感覚で、みんなで色んな所へ出かけて写真を撮りに行きます。

地元なら筑波山、遠い所なら鎌倉まで足を運びます。

 

撮影した写真たちは、もちろん展示会でお披露目され、

また、部員が交代でブログに掲載しています。チェックしましょう!

 

毎週のミーティングでは、この撮影会の計画や、展示会について話し合われています。

 

 

写真の魅力

旅行好きさんの中には、写真好きの方も多いのではないでしょうか??

旅行が楽しいと写真も楽しい!写真が撮れると旅行も楽しい!

 

大学生という、時間がある今のうちに、旅行はたくさん行きたいですよね。

そんな時間を一層有意義に過ごすなら、ぜひぜひ写真がおすすめです。

 

 

どんな人におすすめ?/サークルの一押し部分

前述した通り、旅行好きの方にはとても楽しい内容です。

 

旅行の最中に、写真が撮りたくて立ち止まっていたら

置いてかれてしまった!なんて経験ありませんか?

 

もしくは、本当は撮りたいのに、みんなに合わせて行動していたら

結局撮れずじまい――なんてことに、心当たりがある方!!

 

写真部ならその心配、全く必要ありません。

なぜなら全員が立ち止まって撮るから!というか、撮るのが活動ですからね!

 

上下関係も厳しくなく、自由な雰囲気です。

カメラを買う時など、先輩に相談もできます。

 

 

先輩方が写真部を選んだ理由

今回取材をさせて頂いた部長さんは、

サークルに入る以前から写真はお好きでしたが、

ケータイのカメラがほとんどで、本格的なことは分からなかったそうです。

 

大学に入ったのを契機に、新しい趣味を見つけたいという気持ちで、

好きだった写真をもう少し深くやってみたくなった、とのこと。

 

やはり旅行がお好きなことも、理由の1つとして挙げてくださいました。

 

 

写真部さくら組さんとの違いは?

活動拠点と所属が違います。

写真部は芸術系サークルとして、本学を拠点にしていますが、

さくら組さんは文化系サークルとして、春日キャンパスで活動しています。

 

今年は、初めての試みである合同展示が行われました!

今年の入学式の本新歓で、部屋が向い合せだったことから繋がりが出来たそうです。

 

今回の取材も、実はこの合同展示の場から派生した出会いなのです!

今後も、双方が連携した活動に期待大!ですね。

 

 

どこで写真部の展示が見られる?

学内で行われる展示会が主になります。

多くは3学ラウンジなので、目にも入りやすいです。

 

つくば市民ギャラリーで行ったこともあります。

 

また写真部のブログでは、1週間に1人ずつのブログリレーを行っており、

毎週違う部員の作品に触れることが出来ます。

 

展示会の予告も、このブログやTwitterで行われています。

 

 

写真部あるある

・みんなでごはんを食べに行くと、一斉にシャッター音

・写真を撮っている人を撮っている人を撮っている人を撮って……

みんながカメラを持つからこそのエンドレス

 

 

・写真部に入部するには?

部員は年間を通して募集しています。

 

今いる3年生7人のうち、4人は新歓期より後に入部しています。

学年も、時期も、経験も問いません!

 

入部希望の方は、ミーティングに来て頂いて、

部費3000円を納めさえすれば、これだけで入部完了です。

これで現像も出来るし、プリンターも自由に使えちゃいます!

 

 

・編集後記

今回の取材は、写真部の部長さんにお話しを伺いました!

写真部は男性が多いのですが、前述した通り部長さんや幹部の方は女性です。

 

それでもやはり女の子は少ないようで、

部長さんもカメラ女子を募集していらっしゃいました。

また、学内では写真を撮っている人をよくお見かけするそうです。

 

そんな人たちに、この記事を通じて写真部を知って頂けたら、私もとても嬉しいです!

まだまだカメラ女子の時代は終わっていない!!

 

まずは写真部のミーティングに行ってみましょう!

筑波大学 写真部のブログはこちらから!

(リンクhttp://tsukuba-photoclub.blogspot.jp/)

スクリーンショット 2014-08-26 20.33.55 スクリーンショット 2014-08-26 20.34.40

■取材、文

つくいえサークル広報局 杉山

 

取材をご希望されるサークルは@tsukuieか、

是非お問い合わせフォームからご連絡下さい。

 


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb