search

local_cafe
学生生活

季節に合わせた生活を(1) 一人暮らし夏の対策

吉田峻

吉田

  • OB
  • 筑波大学 生物資源学類

a1620_000691
一人暮らしが始まると、学生の場合春は何かと忙しく、あっという間にすぎていってしまいます。
気付けば長袖じゃ暑い季節になり、部屋の中の気温も高くなっていきます。
物件にもよりますが、窓が一つしかない部屋の場合、空気が通りにくくなって夏は非常に暑いです。
電気代節約のためにエアコンは極力つけたくない、でも部屋の中でまで暑さに耐えるのは……。
今回はそんな一人暮らしの夏の暑さをどうしのぐか、ちょっとした対処法をご紹介します。

まずは換気扇をまわしましょう。
窓を開けるだけでは中々空気が通りにくいですが、換気扇を回すことで空気の道を作ることが出来ます。
些細なことですが、これをするのとしないのとでは体感温度がかなり違います。

次に、氷をたくさん作っておきましょう。
飲み物だけでなく、暑いときは体も冷やすことが出来て何かと重宝します。
トマトやきゅうりなど、体を冷やす効果のある食べ物をとるのも意外と効果的。
ただし冷たいものばかり食べすぎて体調を崩さないように注意しなければなりません。

そして究極の方法は、部屋から出ることです。
外は暑いのでなるべく出たくない!という思いを振り切って、とにかく外に出てしまいましょう。
町には暑さから逃れられる施設がたくさんあるはずです。
図書館などは定番の避暑地ですね。
これによってエアコンの電気代はかなり節約できるはずです。

夜まで外で過ごすことができれば、部屋に戻っても涼しく過ごすことが出来るでしょう。
夜は過ごしやすくなる分、蚊などの虫の対策が必要です。
涼しいのに虫の羽音で眠れない、なんてことにならないよう、ちゃんと対策しておきましょう。

夏は暑いですが、その分季節限定の良さもあります。
大学生活の貴重な夏休みを存分に楽しめるよう、暑さ対策は万全にしておきたいですね。

「つくいえ」の相談会参加でAmazonギフト1,000円プレゼント

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

コメント

2 × three =