search

local_cafe
学生生活

ジャグリングsheep:筑波大学サークルインタビュー

つくいえ編集部

つくいえ編集部

  • つくいえ編集部

IMG_3003
筑波大学ジャグリングサークルSheepは、筑波大学の芸術系サークル連合に所属するサークルです。「ジャグリングを通して人との繋がりを深める」という理念を掲げ、筑波大学学園祭など大学内のイベントへの参加はもちろん、依頼があれば外部の各種イベントへも参加してパフォーマンスを行っています。また、ジャグリング以外にもバルンアートを行っていて、女性には特に人気があるようで、そちらに興味がある方もぜひご参加ください。

 ジャグリングとは、大道芸やサーカスなどで行われてきた「魅せる」技術です。ものを投げる「トスジャグリング」、ものを投げない「コンタクトジャグリング」、ものを振り回す「スイングジャグリング」……など様々な種類があります。

 基本的に未経験者が多く、大学から始める人がほとんどで敷居は全く高くありません。また、兼サーも可能なので誰でも気軽に入ることができます。

 サークル内の雰囲気は、みんな本当に仲が良く、先輩たちもやさしいそうです。ジャグリングサークルは活動日以外もひとり黙々と練習している人もいれば、先輩に教えてもらったり、みんなで楽しく練習していたりと、各々が自由に活動に関わっているようです。           
新入生歓迎会では、実際にジャグリングの道具に触れることで、ジャグリングのおもしろさを生で体感できます。興味がある人はぜひご参加ください。

 会長の山内さんもジャグリング初心者でした。もともと一芸を身に付けたいという思いがあり、またジャグリングを体験してみておもしろかったから、このサークルに入ろうと決めたそうです。山内さん以外のメンバーでも、「体験しておもしろかったから入った」という人が多いそうです。
私たち取材陣も、一度遊びに行かせて頂きました。みなさん快く迎え入れてくれて、いろいろな道具に触れさせてもらいました。どれもこれも初めての体験で、夢中になるような面白さがあると思いました。ジャグリングは、人のパフォーマンスを見ていても面白いと思いましたが、実際にやるのもまた魅力的だと感じました。バルンアートもやらせて頂きました。これもまた夢中になるような面白さがあり、実際にやってみて初めてその面白さがわかりました。

ジャグリングsheepはどんな人でも参加していいとのことです。少しでも興味ある方はまずジャグリングを体験しに行くと、おもしろさがわかるかもしれません。

■取材、文
つくいえサークル広報局 遠藤、篠木、五十嵐
取材を希望するサークルは@tsukuieか、お問い合わせフォームからご連絡ください。

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

コメント

12 + seventeen =

local_cafe

学生生活

筑波大生が充実した学生生活を送るために

学生生活を完全理解する4ステップ

このカテゴリの記事一覧へのリンク