search

home
部屋探し

天久保3丁目人文学類生のアパート探し!Googleマップで予習しまくった母に連れ回されました

吉田峻

吉田

  • OB
  • 筑波大学 生物資源学類

目次

あなたのアパート・賃貸探しプロフィールを教えてください

学群・学類:人文・文化学群 人文学類
入試形態:推薦入試
所属サークル・部活:E.L.L.(軽音サークル)
今住んでいる地域:天久保3丁目
家賃:54000円
~リンク:筑波大学周辺アパート・マンションの相場をチェック!~
間取り:1K
大学までの通学時間:3
主な移動手段:徒歩、自転車
スーパーまでの距離:桜のカスミまで10分
入居形態:一人暮らし
家探しのきっかけ:大学合格
あなたの合格がわかったのは何月でしたか?:12月
今のアパートへいつ入居しましたか?:大学入学直前の4月上旬
家族に話したタイミング:3ヶ月前
内見したタイミング:2ヶ月前
家を決めたタイミング:2ヶ月前
荷造りを始めたタイミング:2週間前
引越しのタイミング:1~5日前

どういったアパート・マンション(賃貸、物件)に住みたいと思っていましたか。

重要視したのはオートロック付き、バストイレが別という点です。初めての一人暮らしということや兄姉は皆県内に住んでいて関東に来たのは私だけだったので不安が大きく、セキュリティ面は私も母もこだわりが強かったです。また、バストイレが一緒やバスに洗面台がついているものは使いづらいので選択肢から除外しました。

アパートを探し、一人暮らしをしようと思ったきっかけはなんですか。どのような時期からお部屋探しを思い立って、どれくらい前の期間から動き始めましたか?

実家が東北なので大学合格を機に一人暮らしを始めました。私は推薦合格で12月には結果が出ていたので、早めに動いたほうが良い物件を見つけられるだろうということで合格後すぐに物件をネットで調べ、目星をつけたうえで1月に一度つくばに着て内見しました。

はじめてのアパート探し(部屋探し)や一人暮らしを始めるにあたって不安だったことはありますか

私のアパートは人気があり入居日まで満員だったため内見の時実際の部屋を見ることができず、同じタイプの別の建物を内見しました。そのため、実際入居してみるまで建物の様子や虫が出るか、部屋の匂いなどが分からず不安でした。しかし入居してみたら特に問題はなく、そこからは不安よりも一人暮らしのわくわくが強かった記憶があります。

一人暮らしをするにあたり、宿舎(学生寮)や自宅通学(宅通)とどのように比較しましたか。※宿舎・アパートの利点や欠点も含め、具体的に教えてください。

私は正直、アパート選びはほぼ母に任せていました。宿舎は安くて大学にも通いやすいですがあまり良い環境とはいえず、虫が苦手なことや常に人の気配を感じる環境に耐えられないため初めから候補に入れませんでした。自宅は遠くどうやっても通える距離ではないため、必然的にアパートという選択になりました。

部屋探しをはじめたときの希望条件を教えてください(アパート/マンション/ルームシェア・間取り・家賃・地域)※住んでいる物件ではなく探しはじめたときの条件を教えて下さい

独立洗面台, バストイレ別, エアコン, インターネット, オートロック

希望家賃を教えてください。

4万円〜6万円

不動産会社からの物件紹介・内見のときに困ったこと・難しかったこと・おすすめしたいことはありましたか? 

担当された不動産の方が新人で慣れてなかったようで、資料や説明が曖昧な点があり少し困りました。ただ、人によるので不動産による差はそこまで無いと思います。ネットや資料で見る条件では良いと思っても、ゴミ出しが適当で汚かったり、オートロックなのに常に開けっぱなしだったり実際内見しないと分からないことが多いのでちゃんと確認したほうが良いです。

保護者の方への相談はどのようにしましたか、親目線で心配していた点(家賃・明るさ・セキュリティ 等)を教えてください。もし保護者の方と意見が食い違った時はどのように説得したか(家族会議 等)を教えてください

私の場合は合格が決まった時点で両親がたくさん調べてくれていました。心配していた点はセキュリティ面と清潔さでした。オートロックは必須でできれば入居者に学生が多いところという条件で探していたようです。また、母は宅配ボックスにこだわっていましたが私自身がそこまで必要に感じていないことを伝えるとすんなり受け入れてもらえました。家賃等も私は安いところをと考えていたのですが、母の方が高くて安全なところを望んでいたうえ払ってくれるということだったので甘えることにしました。

不動産会社の生の声(口コミ)を教えてください

上総屋不動産のみで内見して決めました。担当者が新人の方で少し困ったこともありましたが、一生懸命丁寧に対応してくださいました。内見も条件に合ったアパートを多く紹介してくださり迷ってしまうほどでした。ただ、入居して1年ほどで電力会社が倒産しほかの電力会社と契約するまでかなり手続きが大変だったので、不動産の方とお話する際にアパートの水道光熱の会社はどこと契約しているのかまで確認した方が良いです。(私の場合は誓約書には書いていたものの特に説明がなかったため東京電力だと思っていたら、福島電力でした)

初期費用はどの程度かかりましたか(仲介手数料・敷金・礼金・火災保険・鍵交換費・フリーレントなど)所感も含めて教えてください

これに関しても恥ずかしながら母に頼りきりだった部分が多く詳しくは覚えていませんが、大体30〜40万円ほどだったと思います。礼金なしで仲介手数料や敷金、保険料等引っ越しにかかる基本的な費用以外は特別に何かかかったものはありませんでした。

引越しについて教えてください(よかった引越し業者、比較サイト、先輩や友人との協力、親の手伝い 等 おすすめの引越し方法があれば教えてください)また引越し日をどう決めたか教えてください

地元から関東まで運んでくれる引っ越し業者が1社しかなかったため、そこにお願いしました。テーブルは実家の部屋にあったものを運びましたが、それ以外の家具はすべてニトリで注文して直接アパートに届くようにしたのでそこまで荷物は多くありませんでした。始めたの一人暮らしで家具のほとんどを新しく買う方にはこの方法をおすすめします。引っ越し日はぎりぎりまで前の入居者がいたため、入学式前ぎりぎりでした。荷物をまとめる際にはキッチン用品、衣服など用途ごとにまとめてダンボールに何が入っているか書いた方が整理するときに楽なのでおすすめです。

引越し後の生活品をどう揃えましたか。買い物を行った場所や実家から持ってきたもの。なかなか手に入らなかったものや買い物お得情報などありましたら教えてください

テーブル以外の家具や電化製品は地元で買ってアパートに届けてもらうようにしました。引っ越してきた時に途中の研究学園駅でおりて、足りない雑貨などをショッピングモールで買い足してからつくばに来ました。部屋を充実させたい人や金銭的にも運びやすさ的にも引越しの際にちゃんと行った方が良いです。私は実家にいた時から部屋に物がなかったため、アパートでもカラーボックス2個しか用意せず、今もそのままです。遊びに来る友人には「いつ来ても物がない」と言われます。

あなたのエリアに実際住んでみて感じたことやおすすめポイントを教えてください

とにかく大学が近いので、特に一学を使う人文や地球、数学類の人にはおすすめです。ぎりぎりまで家で寝てられるし、昼休みに一旦家に帰ってご飯を食べてまた行くこともできます。セブンやローソンも近いので便利ですし、春4にも桜にもそこまで遠くないので遊びに行きやすいです。ただ、研究学園にあるイーアスというショッピングモールに行くにはちょっと遠いので、買い物好きな人は春4がいいと思います。あとサークルの打ち上げに使う居酒屋が天3に多いので、打ち上げ前のたまり場にされがちです。

あなたの部屋に住んでみて、いまいちだったことを具体的に教えてください

木の生い茂った大学の目の前にあるので、夏は虫がすごいです。ゴキブリは出ませんが多分ありえないほどクモがたくさんいるからだと思います。窓を開けたり出入りの時油断しなければ基本的に部屋の中にはでないです。あと階数の問題もあるかもしれませんが、換気扇をかけていると気圧の差でドアが半端なく重くなります。体当たりして開けてます。

あなたのエリアのおすすめのお店トップ3(飲食店やスーパー、コンビニなど)

①益さん ちょっと値段は高いですがとても美味しい定食屋さんです。刺身定食とかちらし定食美味しいです。
②わかたろう 洒落た雰囲気の居酒屋です。人気店で常に人がいっぱいなので事前に予約した方がいいです、美味しいご飯と美味しいお酒にありつけます。
③ダリ おすすめのバーです、オーナーの女性がとても気さくな方でカウンターにはいつも誰かしら常連さんがいます。煙草が苦手な人にはおすすめできませんが、、、

あなたから見て、部屋探しをするとしたら、住みたい地域やあったらいいなと思う家の設備を教えてください

大きいラックか本棚があると部屋って感じがすると思います。私の部屋はウォークインクローゼットなので全部ものを詰め込めば部屋がすぐきれいになりますが、収納がカラーボックス2個しかないので色々な物を飾っておくことができません。収集癖がある人は引っ越しの際におっきなラックか本棚を一個置くと色々飾れて嬉しいと思います。

最後に、新生活を始める筑波大学の後輩に対してアドバイスがあればお願いします!

一人暮らしはすべて自分の判断で決められるので楽しいですが、だらけた生活になりがちなので気を付けましょう。一年生の夏まではわりとちゃんと生活する人が多いですが、2年の途中には昼夜逆転する人がかなり増えます。あと筑波大生は大学周辺に住む人がかなり多いので、友達のアパートとにすぐ集まれたりするのが楽しいです。自分なりの一人暮らしを満喫できるように部屋探し頑張ってください!

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

home

部屋探し

筑波大生の理想のアパート探しを応援

筑波大生のお部屋探しを完全理解する5ステップ

このカテゴリの記事一覧へのリンク