search

create
受験応援

ほっと温まる、紅茶屋さんが教える簡単ロイヤルミルクティの作り方!

吉田峻

吉田

  • OB
  • 筑波大学 生物資源学類


紅茶屋さんが教える紅茶(1)

皆さんが知りたいはず!“ロイヤルミルクティー”の作り方

とても寒い日が続きますね♪勉強に、一人暮らしの家事に追われて大変。
ホっとしたい。そんな時にとっておきの飲物“ロイヤルミルクティー”( ^^) _旦~~

「自宅で紅茶を淹れてみました!」と、聞きますが、そこにミルクを入れても、濃くならないですよね?なんだか・・・お店で飲む味と違う!!!と思いませんか?

<用意するもの>
茶葉(アッサム・濃いめのミルクに合う茶葉)10g・牛乳・お湯
手鍋・フタ・ヤカン・カップ2つ(ロイヤルミルクティーを作る分量は250mlで、標準的なマグカップの量です)・茶漉し(ない場合はコーヒーペーパーなどを流用してもOK)

① 最初にお湯を沸かします。まずは2つのカップにお湯を注ぎ、温めておきましょう。(使う直前に、湯は1度捨てましょう。)


② ロイヤルミルクティーのカップの3/10ほどまで、お湯を入れます。残り7/10に牛乳を入れます。(全部、牛乳にしてしまうと、油膜がはり、茶葉が開かないので、お湯も使うのです!)これを手鍋に入れ、超弱火で火にかけます。(そして、またカップに湯を注ぎ、温めます。)

 


③ もう一つのカップに茶葉10g(これはお好みで調節してみてくださいね♪)を入れ、お湯がひたひたギリギリくらいまで入れて、スプーンなどでかき混ぜ、むらします。

 

 

④ ②のお鍋のミルクがわずかにふつふつ泡立ってきたら、そこへ③の茶葉を全部入れてしまい、スプーンなどでかき混ぜ、軽く一煮立ちさせます。(牛乳は加熱しすぎると、臭くなるので、加熱をなるべく最低限に抑えましょう!)一煮立ちしたら、蓋をし、規定時間むらします。

 

 

⑤ 時間になったら、温めておいたマグカップのお湯を捨てて、④のミルクティーを茶漉しで漉せば・・・“ロイヤルミルクティー”の完成です( ^^) _旦~~

意外に牛乳が濃いので、甘く感じます。お砂糖はいらないかもしれません。必要であれば、早めに入れてくださいね♪

*ロイヤルミルクティー向きの茶葉*

よく、有名な市販のものなどで、ウバ・ハイランズやキャンディなどの茶葉が使われていますが、私のお薦めはアッサムです。詳しくはまた次の機会に書くことにしますが、アッサムの“シロニバリ”(これは特殊製法でCTC製法といって、茶葉が小さな球体型になっています。この方が濃く出るのです)です。他にはケニヤ産のものなど、味がしっかりしているものが良いと思います。
ただ、注意して欲しいのは、ダージリンや、更にダージリンに香りをつけたアールグレイダージリンなどはミルクと喧嘩してしまうので、基本的にはプレーンなものを選ぶとよいでしょう。
少し風味付けには、キャラメルティーなどですると、一層スウィートな感じになって、ちょっとしたスィーツ感覚で楽しめますよ!

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

コメント

18 − 10 =

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク