筑波大学人文・文化学群人文学類(一般前期)合格体験記~問題を徹底研究!傾向を知れば受験に勝てる! ~


顔写真

あなたのプロフィールを教えて下さい

 

名前:上杉 俊太郎

出身高校:大分県立中津南高等学校

学部:人文・文化学群人文学類

入学年度:2014年度

入試形式:一般受験(前期試験)

併願校:なし

おすすめ参考書:ディスコースマーカー英文読解/考える日本史論述/入試現代文へのアクセス

所属:弓道部(主将)

部活の引退時期:6月

 

 

筑波大学を選んだ理由(志望動機)を教えて下さい。

 

第一志望は別の大学だったのですが、

センター生物の点が良くなかったため変更せざるを得なくなり、

もともと興味があった民俗学を学ぶことができる筑波大学人文学類を受験しました。

経済にも興味があったのですが、

「大学は就職予備校じゃないんだ!」

という考えが自分を実学から遠ざけたのかもしれません。

 

センター試験への対策として、おすすめの勉強法を教えて下さい。

 

第一に時間配分・解く問題の順番を細かく設定することだと思います。

(例えば、英語は文法問題を8分で解いて、次に長文を20分で解いて、その次は…みたいな)

これをやることで普段の演習も緊張感をもってやれます。

 

あと個人的におすすめなのが「源氏物語」のマンガを読むことです。

古文常識を学べるというのが一つの理由です。

もう一つ、センター古文には「擬古文」というジャンルの古典が多く出題されます。

これは「源氏物語」などの大作を、後世の人が真似して作ったものです。

そのため、人物関係や場面が「源氏物語」と酷似している場合が多いのです。

(2014年度は源氏物語そのものが出てくそ焦りましたが…)

 

このように、試験の出題傾向などの情報を集めると勉強もしやすくなるんじゃないかと思います。

 

二次試験への対策として、おすすめの対策を教えて下さい。

 

あくまで個人的な意見ですが、難易度的に言えば

英語…易しい

地歴・倫理…普通

国語…難しい

みたいな感じです。

英語は自由英作文を、地歴・倫理は論述の演習を遅くとも10月には始めましょう。

この2教科は点が取りやすいのでとても差が付きやすいです。

特に地歴・倫理は伸びが大きいので継続的にやりましょう。

そして国語ですが、他大学ではめずらしい小説や超短文の古文など難問ぞろいです。

時間配分を明確にしてとりかかりましょう。

漢文は比較的簡単かも…

この教科は平均点が低いので、本番で全然できなくてもまだチャンスはあります。

しっかりと気持ちを切り替えて次の科目に臨みましょう!

あとはリラックスして受験すれば大丈夫です!

 

不得意科目と克服方法を教えて下さい。

 

私の不得意科目は国語と数学でした。

私はあまり本を読まなかったため、特に評論文が苦手で、いつも模試では平均点以下でした。

苦手の原因は難しい単語にあると気づいたのは高3の春で、

そこから単語帳を買ってひたすら覚えました。

すると、単語一つから文章の流れが大まかに把握できるようになり、

センター国語は9割近くとれました。

数学は昔から苦手で、応用問題になると必ず手が止まっていました。

今思えば、それは応用問題を解いた経験が少なかったのではなく、

基礎がまだ固まってなかったのだと思います。

教科書の内容を完璧に理解したうえで演習を繰り返し、

先生に添削してもらうのが良いと思います。

 

モチベーションが落ちた時に、どうやってモチベーションを上げましたか?

 

大学のホームページを見たり、友達が勉強している姿を見たり。

息抜きに友達と会話をするのもすごく良いことだと思います。

 

筑波大学の受験全体を通して、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

 

悔やんでも悔やみきれないことはたくさんありますが、

数学をもう少し基礎からやっておけば良かったなとか、

生活リズムを整えれば良かったなとは思いますね。

 

今の学群・学類に入って良かったと思えることは何ですか?

 

自分と同じ学問を志す人が多くいることですかね。

中にはすごく知識が豊富な人もいて、良い刺激を受けています。

 

今の学群・学類に入ってギャップはありましたか?

 

Twitterやってる人が多すぎることですかね…

ついつい授業中にもスマホいじっちゃいます

 

あと驚異の黒髪率!(笑)

 

筑波大学入学後、特に力を入れている活動はなんですか?

 

私は学類のクラス代表者会議、通称クラ代という組織に所属しています。

オープンキャンパスや新入生歓迎企画が主な仕事です。

来年度の新入生のために色んな企画をするのはとても楽しいしやりがいがあります。

 

他にもサークルやボランティア、学生組織の活動など、

大学では大学生の間にしかできないような楽しいことが盛りだくさんです!

 

将来の夢を教えて下さい。

 

将来は地方公務員になりたいと思っています。

また、海外とかかわる仕事をしてみたいので、語学もしっかり頑張りたいですね。

 

筑波大学を受験する皆さんに熱いメッセージ・アドバイスなどをお願いします!

 

タイトルにも書きましたが、受験では入試の情報を集めることが大切だと思います。

そして、常に「今自分がやっていることは、自分が合格することにとってプラスに働くのか?」

という疑問を自分に投げかけてください。

自分が頑張った分、大学生活がより充実するでしょう。

皆さんの健闘を祈ります。

また来年お会いしましょう。


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb