search

create
受験応援

つくばエクスプレスに惰性が活用!?一般家庭の1,000世帯分/日を節電!

つくいえ編集部

つくいえ編集部

  • つくいえ編集部

tsukuba_tx1000
つくばエクスプレス沿線上の住人は増えており、つくば研究学園の人口も毎年増加傾向にある。また、全国的にもレアなことに、土地の価格も数年前から微増を続けていた。ニーズがあるということだろうか。

そんなそもそもの発端になっているつくばエクスプレスの、運転手法に新しく、列車の動力を使わず惰性力で走行する、惰性制御を取り入れたものが取り入れられると発表があった。

そもそも、つくばエクスプレスの列車は、自動列車運転装置(ATO)と自動列車制御装置(ATC)を用いた自動列車運転を行っていたが、この方法は車両の一定の速度を維持するため、自動的な加速と減速が常時行っていた。

ここを効率化するために、用いられた惰性制御は、電車の車体で速度が出せる下りの勾配がある区間などで、加速が不要となり、電力の削減、乗り心地の向上が期待できる説明している。これによって、つくばエクスプレスの電気使用量の4%、または、一般家庭の1日電気使用量の1000世帯分(1万キロワット程)の節電が見込めるという。

電車が如何に多くの電気を使うのかが、1000世帯分が4%に相当することから伺える。今後もつくばエクスプレスの発展に期待し、つくばの繁栄に期待したい!

参考:つくばエクスプレス、惰性で節電…一般家庭1000世帯分 | レスポンス

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

コメント

コメントは受け付けていません。

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク