【筑波大受験生向け】合格体験記!筑波大学化学類(推薦入試)〜高3一学期、化学の偏差値49からスタートして推薦入試かちとりました〜


【筑波大学化学類(推薦入試)合格体験記】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生時代のあなたのプロフィールを教えて下さい。


名前:Hさん

出身高校:専修大学松戸高等学校

学部:化学類

入学年度:2019年度

入試形式:推薦入試

併願校:千葉大学理学部、慶応義塾大学薬学部、東京理科大学理工学部、東京理科大学薬学部

おすすめ参考書:標準問題精講(数学、化学、生物)、プラチカ

所属:生徒会本部副会長

部活の引退時期:高2の10月

筑波大学を受験した理由(志望動機)を教えて下さい。

ここなら自分がやりたいことを思う存分納得するまでやれると思ったから。

 

センター試験への入試(受験)対策として、おすすめの勉強法を教えて下さい。

国語と地理だけは、夏から定期的に過去問にふれていて、それ以外の科目は基本的には二次対策を12月くらいまで徹底的にやっていました。その後は、一気にセンター試験対策に切り替えました。

 

推薦・AO試験への入試(受験)対策として、おすすめの対策を教えて下さい。

化学と英語が主な試験科目だったので夏休みから推薦試験の過去問をちょくちょく解いていました。それでも11月になるまではあまり推薦試験のことは意識せず、全科目均等に勉強し、化学は基礎固めをきちんとしました。推薦試験対策に本腰をいれたのは11月からで、応用問題が解けるようにしていました。また、英語が得意だったので英語の対策はあまりしませんでしたが、化学的英単語はいくつかまとめておぼえました。面接試験では自分が考えていることや伝えたいことを言えるように練習して本番にのぞみました。

 

推薦・AO試験の入試(受験)当日はどんな試験・雰囲気でしたか?

比較的小さな教室のなかで20人ほどで試験をうけました。教室はみんな静かなので試験前の時間をおちついて過ごせます。教室には時計がないので腕時計を忘れると大変焦ります。面接では先生3人と生徒1人で対話し、3人とも質問をしてきます。私が入った教室の先生方は3人とも真剣な表情をしていて私も緊張してしまいましたが話をちゃんと聞いてくださったのでうまく話せたと思います。

 

入試(受験)における不得意科目と克服の対策を教えて下さい。

正直言って、私の不得意科目は化学でした。(笑) というのも、私はもともと薬学部志望で化学が入試での重要科目でした。そして勉強しているうちに化学のおもしろさに気づき、得意科目へとなっていきました。高校3年生の春時点での模試偏差値は49でしたが、勉強をしはじめたばかりだったので気に留めずに夏休みまでは基礎~標準・応用までをしあげました。数学や英語は比較的余裕があったため、1日のうち約4時間を化学についやしていましたが、その結果秋には偏差値が65前後まで安定するようになりました。個人的に必勝法は、「好きこそものの上手なれ」という感じだったと思います。

 

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時に、どうやってモチベーションを上げましたか?

合格した後に自分のやりたいことや入学後の自分を考えたりしてモチベーションを上げました。

 

筑波大学の入試(受験)全体を通して、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

物理が大事なのは覚悟していたが、生物もそれなりに同等な扱いをされているだろうと思ったらあまり生物が重要視されていないこと。生物選択にはなかなか寂しいものでした。

 

今の学群・学類に入って良かったと思えることは何ですか?

自分がやりたいと思っていたことがやれていること。学類の同期がみんないいひとなこと。

 

今の学群・学類に入ってギャップはありましたか?

物理が大事なのは覚悟していたが、生物もそれなりに同等な扱いをされているだろうと思った
らあまり生物が重要視されていないこと。生物選択にはなかなか寂しいものでした。

 

 筑波大学入学後、特に力を入れている活動はなんですか?

サークルもありますが、今はバイトに力を入れています。

 

あなたの将来の夢を教えて下さい。

将来は化粧品や医薬品の研究開発にかかわることができればいいなと思っています。

 

筑波大学を受験する皆さんに熱いメッセージ・アドバイスなどをお願いします!

優しくておもしろい先輩方が待っているのでぜひ筑波大めざしてがんばってください!

応援しています!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb