search

create
受験応援

【筑波大受験生向け】合格体験記!筑波大学生物資源学類(一般前期入試)〜 12月E判定からの科目変更で逆転合格!友人と駆け抜けた受験生活

吉田峻

吉田

  • OB
  • 筑波大学 生物資源学類

目次

 筑波大学受験生時代のあなたのプロフィールを教えてください

学群・学類:生命環境学群生物資源学類

入学年度:2015年度

入試形式:一般受験(前期試験)

併願校:明治大学 全学部統一試験

文理:理系から文転

受験時のステータス:現役

名前:Aさん

出身高校(正式名称で):長野県立松本深志高等学校

高校偏差値:70

高校での成績順位(席次):300/320(高校1,2年)→50/320(高3の12月)

高校卒業時の内申点(5段階平均):覚えていません

おすすめ参考書: Focus Gold

所属:サッカー部(副主将)

部活の引退時期:7月

補足情報;部活と文化祭で、高3の秋までほとんど対策できていませんでした。もっと早めからやるべきです。

受験共通で大事にしていたもの(あなたの受験哲学を教えてください)

自分の甘さを認め、環境から自分を追い込むこと。今でもそうだが自分は集中力に欠け高1,2の自分は一人で嫌々机に向い、非効率に勉強していた。勉強に本腰をいれた受験期は、自習室を使うために塾に登録したり、友達を誘って、夜23時まで空いている図書館の自習室にとにかく向かうことで勉強に集中しなければならない環境を作っていた。もう一つは、絶対同じミスをしないこと。間違えた問題や覚えられない英単語を書き込むノートをつくり、テスト前はそれを見ることを徹底していた。

筑波大学の志望動機受験した理由)を教えてください

自分の3つの大学の選択軸にあてはまっていたからです。一つ目の軸は国立であること。これは親からの大学進学の条件でした。二つ目は、都市圏に近いこと。高校までを長野県で過ごした私は、都市圏での生活に憧れがありました。筑波は秋葉原まで45分ということで都市圏の生活を体験できそう(と思っていました笑。実際まあまあ田舎でした)。3つめは、学びたいことが出来た時に身を振れる環境。私は高校卒業時になんの夢もなかったので、幅広い領域を含む生物資源学類と総合大学である筑波大学に魅力を感じました。

(センター試験入試(共通テスト)を受けた人のみ)センター試験への入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。

あらゆる予想問題集をときまくりました。友達と交換しあったりして、とにかく数。間違えた問題は付箋つけて2度と間違えないようにしました。センターの勉強始めたのは12月くらいでしたが、1月の頭には大体の問題みたことあるなという感覚にはなっていたと思います。特に化学、地理あたりは問題のレパートリー少なくて短期間で対策できる気がします。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)対策として、どんな対策していたか具体的に教えてください(芸専・体専の方は実技対策をご記入ください)

私は理系出身ながら地理受験という変わった受験を選んでいたので、とにかく過去問でした。高校の地理の先生につきっきりで見てもらいました。また他大学に似たような問題があるのを探しだしては説いていました。この勉強はセンター後に始めましたが、2週間もたつともう既視感のある問題しかなかったので、自分で問題をつくり、次の日に自分で解くという対策をしていました。おかげで、当日はみたことある問題しかなかったです。資源志望の方、地理受験おすすめです。

入試(受験)における苦手科目と克服の対策を教えてください。


苦手科目は、数学と物理でした。結果的に受験方法を地理に選んだので、捨てたというひ表現でよいかもしれませんが、実は第一志望東北の農学部で数学が必要だったので、センター前まで対策していました。周りに数学ができる友達が多かったので、捕まえて聞いてました。大体数学好きの友達って、数学解くの好きなので興味を持って相談乗ってくれます。笑

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時やモチベーションの維持のために、どんな工夫をしましたか?

友達とのマックと本屋が私の息抜き場所でした。受験期は辛いものですが、一番友達とも深い話ができる期間な気がします。そしてその友達たちは大学になってからも連絡をとることも多いので大切にしてほしいなと思います。また、受験してると「良い参考書」とかに興味が湧き出すので、本屋いって読んでみるのも良い息抜きになりました。

通っていた予備校(塾)があれば教えてください。またなぜその塾を選んだか、実際に通ってみての所感など教えてください。

駿台系の塾に高3の夏入りました。自分の勉強にリズムをつくるために夏季講習を2,3コマとり、あとは自習室の利用にとどまりました。ただ夏季講習で出会った講師の方が非常に親切で、自分の進路相談にものってくれたため有り難かったのを覚えています。

筑波大学受験当日に宿泊したホテル(宿泊先)についてお聞きします。あなたの宿泊先の良かった点、気をつけた方がいい点も合わせてお答えください。

浅草ビューホテルに泊まりました。つくばエクスプレスの浅草駅が近かったため、距離はありましたが、快適に試験会場に向かえました。朝食はビュッフェ形式でしたが、緊張でほとんど喉を通らなかったことを覚えています。

筑波大学受験当日にどのような交通機関(バス・タクシー・親の車など)を使っていましたか?またおすすめのポイントや困った点も合わせてお答えください。

秋葉原から電車→バス。つくば駅が受験生で溢れかえり、合格お守りを渡す塾講師もバス乗り場沿いにいたので迷わずにバスにのれました。当日のことはもうあまり思い出せませんが、筑波大学の周回バスは左向き右向きがあるなど、わかりづらいことが多いので先に下見しておくことをおすすめします!

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)前日・当日はどんな試験内容で、どんな雰囲気でしたか?

自分が作った試験前見る用ノート(間違えた問題をひたすら貼ったもの)をずっと試験までみてました。試験会場きれいで、日差しもさんさん入ってたので、落ち着いた気持ちで受けられたような記憶があります。

筑波大学の入試(受験)で、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

特にありません。当時の自分の受験科目においては筑波大学は過去問通りの志向で問題を出してくれるので対策しやすかったです。

あなたの学類に入って良かったと思えることは何ですか?

皆仲が良い学類であったことが一番です。学類の同期全員で飲む飲み会が私の代は多かったのですが、他学類に話すと驚かれることも多かったので、特に仲のよい学類だったのでしょう。また履修の関係上、夏休みと春休みがほぼ3ヶ月ずつある学類なので、思い切った旅行とかインターンとかもしやすかったのも良いところだと思います。

あなたの学類に入って受験期と比較してどんなギャップありましたか?

想像以上にキラキラしていました。我らが資源は学内では「キラキラ資源」と呼ばれるのですがその通りでした。実習が多くて仲良くなる機会も多く、男女の割合も半々なので、いわゆる大学生!って生活ができました。笑。あとは、想像以上の院進率でした。僕の代もたしか80%超えで、文系科目で受験する学生も多いのに、4年間で皆すっかり理系研究職を目指すようになっていました。(もちろんそうでない進路をとる人もいますよ)

筑波大学入学後、特に力を入れている活動(部活・サークル・学生団体・研究など)ですか?

もうすでに引退しましたが、体育会系の部活に所属して4年間没頭していました。高校と大学の部活は全っ然違います。部員のバックグラウンドは違いすぎるし、バイトもしなくちゃいけないし、指導者ナシで自分たちでマネジメントする場合がほとんどだし。高校以上に難しい部活生活でしたが、難しいからこその最高の勝利の喜びを味わうことが出来ました。大学の部活は今までの人生で最高の経験なので、読んでる方にも部活入部をオススメしたいです。(就活も強いし、笑)


あなたの将来の夢を教えてください特に筑波大学入学後で夢が変わった場合教えてください。

生物資源にはいる時の私は全く夢がありませんでした。強いて言えば、食べ物が好きだったので食品企業について新商品つくれたら楽しいだろうなとは思っていました。大学院まで研究をする中で、自分は「世の中を驚かすこと」や「新しいこと」が好きだと気付き、広告代理店に就職し、広告に関わることが夢にかわりました。


最後に、今受験で戦っている筑波大学を志望するみなさんに応援メッセージ・アドバイスなどをお願いします!

この体験記を読んだ方は今一度、自分のしたいこと、好きなことを思い返してみてください。そのためにはどんな大学がいいのか、考え直してみてください。自分の意志を持って大学を選択すること、これが何よりも大切かと思います。大学の選択軸を偉そうに先述した私ですが、もっともっと将来を考えるべきだったなと感じています。偏差値の高い大学がいい、地方でも国公立がいい、現役がいい、いろんな意見が世の中にはありますが、それは他人の出した正解です、誰も責任はとってくれない。私はちょっと周りの意見に左右されちゃいました。あなたの正解はあなたの中にしかありません。世の中には自分の正解を求めて、素敵な人生を歩んでいる先人たちがいます。是非あなたも自分の心に素直になって、大学選択をしてください!だいぶかっこつけましたが、本気で伝えたかったことです。

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク