search

create
受験応援

筑波大学生にとっての合宿免許のリスクは短期集中と練習環境の差なのか

つくいえ編集部

つくいえ編集部

  • つくいえ編集部

a0001_015108_m
筑波大学生はサークルのメンバー等と一緒に合宿で免許を取得する人が圧倒的に多いです。短期かつ低価格な料金での取得が可能なのが魅力ですが、一方でそのリスクについて語られることはあまりありません。今回は合宿免許のリスクを知ることで、回避の参考にしてください。

一夜漬け(短期集中)で取得することで知識が定着しない

短期集中で取得することで、試験前の一夜漬けのように付け焼刃的な技術練習となり、自動車学校を卒業した後に直ぐに運転技術が鈍ってしまうというリスクがあります。特に筑波大学生の多くが自分の自動車を持っていないということを考えると、免許取得後に車の運転をしていないペーパードライバーになってしまう傾向があることが予想できます。

→コレに対しては、意識的にレンタカーを借りるといったことや、ヤマシンやにとりなどで大きめの家具を買った時に、無料トラックを借りて運転してみる等の工夫で改善されるでしょう。運転できる筑波大学生は、実家に帰った時に自宅の車で運転の練習をするなどの努力をしています。一度乗れなくなってしまうと、再度乗れるようになるまで苦労するので、定期的に乗る機会を作るのが重要です。

教習所の練習環境とつくばの道路は違う

教習所での練習環境とつくばの土地柄による実環境の差が大きいがために、練習したはずの技術が上手く発揮できないというリスクがあります。つくば市は21万人が生活する都市で、田舎な場所と都会な場所が入り交じっている地域ですから、合宿で行くような田舎の環境と合致しないケースもあるでしょう。

→コレに対しても、1番目のリスクと同様に、自身で練習する機会を作るという方法が有効な他、そもそも合宿先の教習所をつくばの環境と似ている場所を選ぶなどといった工夫が出来ます。その場合は、人口や土地などの情報も一緒に見て教習所を選ぶのが良いでしょう。

「つくいえ」物件問合わせで豪華三大特典をプレゼント!

 

【つくいえ】は、

“筑波大生”専門のアパート情報サイトです。

筑波大学周辺のアパート探しなら、「つくいえ」にお任せ!

筑波大生に特化した物件を多数掲載中です。

学類・周辺エリア・こだわり条件など、あなたの希望に合わせて物件を紹介します!

※原則、24時間以内に提案がもらえます。

 

 

コメント

four + 3 =

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク