筑波大学を受験するあなたに知っておいて欲しい5つの事


筑波大学を受験しようと考えているあなたに僕個人、ベアテイルの黒崎から知っておいて欲しい事を5つ紹介します。

僕自身、現在筑波大学の情報メディア創成学類に所属しており、筑波大学というモノを見える範囲で捉えています。その中から入学前に知っておきたかったと個人的に思ったことをシェアします。

筑波大学はクローズドな空間だ

筑波大学周辺の物件を紹介するサイトを運営していながらこういうことを一番初めに言うのもなんですが、正直大学の近くにアパートを借りて一人暮らしをするという生活は、外部へ出ていこうという意思が強くない限り、筑波大学関係者と自分で完結するクローズドな空間を作ります。

秋葉原までつくばエクスプレスで45分といえども、往復で2300円。アパートの家賃において数千円の違いを気にする我々大学生にとってはかなり勇気のいる金額です。行ったからには何かを得てこないと、というプラス思考で積極的に東京で活躍する人もいるかもしれませんが、そもそもお金を払って精神的にも体力的にも頑張る必要を感じない人も多いというのが実情だと感じます。正直、費用対効果を考えたら、東京に行くのはちょっと小旅行とかのレジャー感覚で行くものです。

周囲の筑波大学生同士で完結するクローズドなコミュニティ空間が思った以上に強かったというのが僕自身の目から見えてきた側面です。

地方の高校で優秀な成績を修めていた人が多い

僕はすべての筑波大学生との接点があるわけではないのですが、結構な割合で筑波大学に進学する人々は、地方の有名高校での上位層がいる気がします。

そのため、基本的に真面目でタスクを処理する能力は高いですし、地頭が良いと思います。話していると作家や歴史などインテリな領域で盛り上がっており、羨ましい限りです。かといって嫌味だったりプライドが高すぎたりする人はそう多くないです。個人的には、宿舎に入ることで人間性や協調性が高まるのではないかなと思います。東京の人より優しいですし、助けてもらえたりすることが多いです。

大学に入れば自由…というのは夢かもしれないが

大学に入学すれば高校時代の毎日の勉強から開放されるというモチベーションがある人も多いかと思いますが、実際の所大学に入っても毎日勉強でした。僕が予想していたのは、週に2日程数時間学校に行けば単位がスルッともらえて、ぬるりと卒業できるという図だったのですが、1年生の段階では必修がかなりの割合で入って来ますし、朝は8時に起きなければなりません。

ただし、無茶をして、前日3時や4時まで友達の家で談義するといった楽しみもあり、これは都内の大学に通っていた場合は実現できなかったのだろうと思います。ほとんどの友達が一人暮らしをしているという環境だからこそ出来る、密なコミュニケーションは筑波大学ならではなのだなと感じます。これも入学前には気がついていませんでした。ちなみに、うるさくすると警察が来るという事も知りませんでしたねぇ。

文系は知らないが、理系は院へ進むのを推奨される

筑波大学の理系に限って言えば、院進学を推奨している空気感を感じます。実際、自分が進学しようとしている学部の大学院/就職割合を見てもらうのが一番実感出来るのでしょうが、将来自分が何になるのか。何になる可能性があるのかを検討する上で重要な外的な数字であると思います。統計的に自分がどこへ進みそうなのか予想して、キャリアを予想してみると何か発見があるかもしれません。

自分の場合は、入学時には卒業生がいないという新設の学類だったので、なんともわかりませんでしたが、実際予想以上に院進学する人が多いです。

夏は激アツ、冬は激サム、親に助けられていたのだという事

筑波大学は激アツ、激サムです。本当にどうしようもないくらいに暑かったり寒かったりします。特に冬の寒さは人生において初めて僕にマフラーと手袋を買わせました。中には帰宅途中に倒れて、林の中で凍死する人が出てくるくらい寒いです。そして一人暮らしは結構大変なんだということ、親に如何に生きるのを助けられていたかを実感しました。スーパーに食材を買いに行かないと生きていくことが出来ない。洋服を洗濯しないと筑波大学へ通うことが出来ない。食べる時間、起きる時間、寝る時間や勉強の時間などを管理するのはすべて自分。相当に激アツな生活をおくることが出来るでしょう。

あくまで上記の内容は、僕自身が感じる個人の感想です。中にはすべて当てはまらない大学ライフを送っている人も多いでしょう。
一部、筑波大学以外に進学するときにも同様の事が言えるケースもあるかと思います。

そう。一言でいうなら、「筑波は割りとクローズドだけど、密なコミュニケーションと一人暮らしによって人間的に成長できて、研究などに没頭できる環境が用意されている」といったまとめになります。

この記事を読んでいただいた方は、是非入学したら会いたいですね(笑)


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb