【筑波大受験生向け】合格体験記!筑波大学医療科(一般前期入試)〜べっ、べつに見てほしくなんかないんだからねっ!///〜


【筑波大学医療科学類(一般入試)合格体験記】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生時代のあなたのプロフィールを教えて下さい。


名前:Mさん

出身高校:埼玉県立大宮高等学校

学部:医療科学類

入学年度:2019年度

入試形式:一般前期入試

併願校:早稲田大学スポーツ科学科、順天堂大学理学療法学部、法政大学(センター利用)

おすすめ参考書:科学の新研究(内容は詳しすぎる面も多々あるが、疑問が絶対解決できるし、何より読んでいて楽しい。)
マドンナ古文常識(これでセンターレベルの単語はほぼ行ける。)
システム英単語(レベル分けされていて、どこまで網羅すればいいかがわかりやすい。)
Focus Gold(簡単なものから、二次レベルまでたくさんいい問題がある。)
重要問題集(理科系)(二次対策には欠かせない。式の導出などが理解できるので、センターでも有効。)

所属:野球部

部活の引退時期:7月の半ば

筑波大学を受験した理由(志望動機)を教えて下さい。

高校一年生の時、学校のイベントで臨床検査技師のお話を聞き、もともと医療に興味があったため、そこで臨床検査技師になることを考え始めた。
しかし完全に臨床検査技師になろうという決心がつかなかったため、研究も盛んで、たくさんの人がいるため、新しい刺激がたくさん得られそう、入学後にも選択肢が多くあるという面で筑波大学を志望した。

 

センター試験への入試(受験)対策として、おすすめの勉強法を教えて下さい。

センター試験はとにかく時間との勝負なので、時間を決めて問題を解くことがおすすめ。
また、各予備校が出しているセンター対策の問題集が本屋さんに行けば売っているので、それを制限時間内に目標とする点数が取れるようになるまでやるといいと思います。個人的には駿台の問題が本番対策にはいいと思います。

 

二次試験への入試(受験)対策として、おすすめの対策を教えて下さい。

二次試験では英語は早く、正確に読めるかが勝負なので、「 やっておきたい英語長文 700」あたりを使って時間を決めてやるといいと思います。
数学は記述がきちんとできるかが大切(一月までセンター対策で記述をあまりやらなくなるため。)なので、先生などに自分の記述を添削してもらって記述力を上げていくことが大切。
理科は暗記ではなく導出の過程や、現象の理由まできっちり理解することが大切です。

 

入試(受験)における不得意科目と克服の対策を教えて下さい。

僕は物理が苦手でした。なんで生物ではなくて物理を選んだのだと自分を恨むほどに。正直、克服はしきれませんでした。それでも何とか入試で戦えるレベルまでもっていくためにしたことは、 「とにかく問題を解くこと」、「公式の導出を理解すること」の二つです。自分が苦手だと思う問題をピックアップし、ひたすら解いていました。また、公式の暗記だけでは太刀打ちできないので、どの式がどうなってその公式になるのかということをひたすら理解しました。

 

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時に、どうやってモチベーションを上げましたか?

馬鹿らしいと思うかもしれませんが、僕がモチベーションを上げるためにしていたことは、「 合格した自分を想像すること」です。桜が舞う中、合格者の掲載された掲示板にかかっている幕が取れるのを今か今かと待つ。幕が取られ、あちこちから歓声が聞こえる。中には胴上げをされている者もいる。そんな中、僕は必至に自分の名前を探す。その時ふと掲示板の右下、今僕が手に握りしめている番号と同じ名前を見つける。みたいな感じで妄想をしていました。実際には桜は咲いていないです。

 

筑波大学の入試(受験)全体を通して、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

入試前は、もう少し早くからコツコツとやっておけばよかったとずっと思っていました。
入試後は、医療に関する本や新聞をもっと読めばよかったと思いました。

 

今の学群・学類に入って良かったと思えることは何ですか?

人数が少ないということもあり、とてもアットホームな感じでみんな接しやすい点が一番良かった点だと思います。また、周りの意識が高いので、自然と自分もいろんなことに積極的になれるのもいい点だと思います。

 

今の学群・学類に入ってギャップはありましたか?

医学群に入ったので、一年生から専門的な内容をガンガンやるのかと思いきや、そんなことは一切なく、入学後最初の六週間ほどは医学関連の授業はほぼなかったです。
また、医学類はみんなインテリで意識が高いやつらの集まりかと思っていましたが、そんなことはなく、上から下まで幅広くいたことに驚きました。あと、思ったよりも同じ学類の男子の割合が少なかったことです。

 

筑波大学入学後、特に力を入れている活動はなんですか?

僕は医学バドミントン部に所属していますが、今はこのバトミントン部での活動に力を入れています。バドって楽しいよね。

 

あなたの将来の夢を教えて下さい。

僕の将来の夢は、決まっていません。(いい意味で。)僕は大学に入って、自分がまだ知らなかった医療の世界をたくさん見ることができました。その経験を通して、自分の可能性もまだ無限にあるなと思い、たくさんある医療分野から、どれを選ぼうかを今悩んでいる最中です。なので、まだ将来の夢はまだありません。というか、決めていません。

 

筑波大学を受験する皆さんに熱いメッセージ・アドバイスなどをお願いします!

筑波大学は生息する虫も、可能性も無数にあります。つまり、自分が本当にやりたいことが見つかる、さらにはそれをとことん突き詰められる、それこそが筑波大学の魅力だと自分は思います。未来の自分をはっきりとイメージして、目標を見失わないように今は耐えて頑張ってください。今の苦しみに見合うだけの価値が、いや、それ以上の価値が筑波大学にはあります。これを読んでくださった皆さんの入学を、心からお待ちしています。


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb