【応用理工学類合格体験記】国立1本の前期落ちが挑んだ後期受験【筑波大学受験生応援メディア:一般後期入試編】


筑波大学受験生時代のあなたのプロフィールを教えてください

学群・学類:理工学群 応用理工学類
入学年度:2019年度
入試形式:一般(後期)
併願校:東北大学
文理:理系
受験時のステータス:現役
名前:浅野龍平
出身高校(正式名称で):茨城県立水戸第一高校
高校偏差値:70
高校での成績順位(席次):20~30位/320人中
高校卒業時の内申点(5段階平均):4.1
おすすめ参考書:フォーカスゴールド
所属:山岳部
部活の引退時期:3年の6月

受験共通で大事にしていたもの(あなたの受験哲学を教えてください)

とにかく分からないことをそのままにしないことを意識していました。まずは自分一人でたくさん考えて、それでも分からなかったら人に教えてもらっていました。このしつこく思考する姿勢が入試本番にも役立ちました。

筑波大学の志望動機(受験した理由)を教えてください。

後期入試はホテルの予約などはしなかったので、できるだけ実家から遠くないところがいいと思ったのと、筑波大学応用理工学類の後期入試が数学と面接だけだったので、他の大学の入試より受かりやすいと思ったからです。また、将来やりたいこともはっきりとは決まっていなかったので、比較的いろんなことを学べる筑波大に魅力を感じたという理由もあります。

(センター試験入試(共通テスト)を受けた人のみ)センター試験への入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。

とにかく過去問や模試で演習することで、センター形式の問題に慣れ、自分に合った時間配分を見つけていきました。地理や化学は、演習で間違ったところを資料集や教科書で確認し、その周辺の知識もまとめて覚えていました。それ以外は、とにかく過去問を解いて、解説を見て、の繰り返しでした。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)対策として、どんな対策していたか具体的に教えてください

前期に落ちた次の日から、気持ちを切り替えてとにかく過去問を解いたり、網羅系問題集(Focus Goldなど)で演習をしていました。もともと前期試験に向けて勉強をしていたのと、筆記は数学だけだったので、前期の合格発表からでも対策は十分間に合いました。また、面接については担任の先生といろんな質問を想定しながら模擬面接を何回か行いました。学類の理念や最近の時事ニュースは面接で聞かれることが多いのである程度調べておくべきだと思います。

入試(受験)における苦手科目と克服の対策を教えてください。

とにかく国語(特に古典)が苦手でした。センターでしか利用しないこともあってか、勉強に対するモチベーションが保てず、結局全然勉強しなかったので克服はできませんでした。今思えば、苦手な教科は伸びしろが大きいので、多少無理してでももう少し勉強しておけばよかったと思います。

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時やモチベーションの維持のために、どんな工夫をしましたか?

集中力が完全に尽きる前に、勉強場所を変えることを強く意識していました。集中力が完全に尽きてしまうと家に帰ることしか考えられなくなってしまうので、集中力が落ちてきたなと感じる頃合いに移動していました。場所を変えるために移動する時間がちょうどいい息抜きになるので、次の場所についたころには集中力がある程度復活していることが多いです。

通っていた予備校(塾)があれば教えてください。またなぜその塾を選んだか、実際に通ってみての所感など教えてください。

東進衛星予備校に通っていました。この塾を選んだ理由としては、映像授業だったので自分のペースで授業を進められるのと、講師陣の質が非常に高かったからです。ただ、実際に通ってみると、自分の意志が思っていたよりも弱いことに気づかされました。映像授業なのをいいことに、授業中に動画を止めてスマホに興じたり、睡眠をかましたりしてしまいました。結果としては、対面の授業よりも授業の質は低くなってしまったように感じます。正直、しっかり自分の意志で勉強できる人じゃないと映像授業は向いてないと思います。ただ、講師陣は評判通り素晴らしい人たちばかりでとても分かりやすかったです。

筑波大学受験当日に宿泊したホテル(宿泊先)についてお聞きします。あなたの宿泊先の良かった点、気をつけた方がいい点も合わせてお答えください。

実家から十分行ける範囲だったので、ホテルは利用しませんでした。

筑波大学受験当日にどのような交通機関(バス・タクシー・親の車など)を使っていましたか?またおすすめのポイントや困った点も合わせてお答えください。

実家から電車とバスで行きました。筑波大はとても広く、初めてだと迷いやすいので、事前に受験当日と同じ方法で大学まで行くことをお勧めします。また、当日はだいぶ早めに行って、現地のファミレスで朝ご飯を食べながらゆっくりしていました。この時間が心を落ち着けるのに大いに役立ちました。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)前日・当日はどんな試験内容で、どんな雰囲気でしたか?

前日は何をしていたか覚えていません。覚えていないということは特にいつもと変わらない過ごし方をしていたのでしょう。当日は先に紹介したように朝早くからファミレスでのんびりしていました。

筑波大学の入試(受験)で、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

もっと将来のことを明確に考えて、勉強のモチベーションをしっかり確立しておけばよかったと思っています。これがないと、受験期はもちろん、大学に入ってからも苦労します。

あなたの学類に入って良かったと思えることは何ですか?

人数が多いのでいろいろな人がいます。面白い人もいれば、尊敬できる人もいて、いろんな意味でいい刺激になります。

あなたの学類に入って受験期と比較してどんなギャップありましたか?

1年生から実験ができなかったのは正直がっかりしました。

筑波大学入学後、特に力を入れている活動(部活・サークル・学生団体・研究など)ですか?

日々生きていくことに一生懸命です。


あなたの将来の夢を教えてください特に筑波大学入学後で夢が変わった場合教えてください。

具体的にはまだ決めてませんが、材料系の企業に入りたいと思っています。これから大学でいろいろ学んでいくうちに変わるかもしれません。

最後に、今受験で戦っている筑波大学を志望するみなさんに応援メッセージ・アドバイスなどをお願いします!

家賃が安い!飯がうまい!都心に近いからそこそこ遊ぶ場所がある!研究学園都市!
このように、つくばは学生にとって非常に住みやすい環境だと思います。色々大変かもしれませんが、皆さんが筑波大で充実した学生生活を送ることを期待しています!頑張ってください!


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb