search

create
受験応援

【筑波大受験生向け】筑波大学体育専門学群一般入試合格体験記 ~根拠のない自信が合格に導く~

アバター

加藤 夕貴

目次

 筑波大学受験生時代のあなたのプロフィールを教えてください

学群・学類:体育専門学類
入試形式:一般前期
併願校:早稲田大学スポーツ科学部、法政大学スポーツ健康学部、立命館大学スポーツ健康科学部
文理:文系
受験時のステータス:現役
名前:Uさん
高校偏差値:60
高校での成績順位(席次):20位/200人中
高校卒業時の内申点(5段階平均):4.5
おすすめ参考書:スタディサプリ
所属:バドミントン部
引退時期:高校2年生12月

受験共通で大事にしていたもの(あなたの受験哲学を教えてください)

私は、不合格になることを全く考えないように意識していました。常に「自分は筑波大学に合格するんだ!」という根拠のな自信を持ち続け、合格することだけを考えていました。

なぜ他の大学ではなく、筑波大学の受験をしましたか?

私は、もともとスポーツ系の学部を志望していました。その中で、筑波大学を第一志望に選んだ理由は、学問分野においてトップレベルであり、大学入学後もハイレベルな環境で自分自身が成長できると感じたからです。他の私立大学は、有名大学に行くための滑り止めとして受ける人も多くいました。しかし、筑波大学の体育専門学群は、スポーツ界のエリートたちが本気で合格を勝ち取りにくる学部なので、周りの人の意識と質の高さに惹かれました。

筑波大学の志望動機(受験した理由)を教えてください。

恥ずかしながら、最初は筑波大学の存在を知りませんでした。スポーツ系学部を調べていくうちに、体育・スポーツ分野で筑波大学体育専門学群がトップに位置することを知りました。「どうせ受けるなら、最難関である筑波大学を受験しよう!」と決意して、受験することを決心しました。やはりこの背景には、中途半端でなくハイレベルな環境で成長したいという気持ちがありました。

(センター試験入試(共通テスト)を受けた人のみ)センター試験への入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。

共通テスト対策は、「基礎固め→過去問」というのを軸にして勉強を進めました。夏までは、徹底的に基礎固めをおこないました。例えば、英語は英文法・英単語・英文精読を毎日繰り返しやりました。英単語の暗記は、お風呂に入った時にやると決めて、毎日湯船に入りながらブツブツ唱えていました。ありきたりですが、習慣化することは本当に大事だと感じました。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)対策として、どんな対策をしていたか具体的に教えてください。(芸専・体専の方は実技対策をご記入ください)

体育専門学群の二次試験では、実技試験と保健体育論述があります。実技試験は、主選択と副選択があります。私は、主選択はバドミントン、副選択はサッカーで受験しました。高校時代は、バドミントン部に所属していたため、主選択の対策は顧問の先生とおこないました。12月までは、受験勉強をしつつ、週1日程度部活動に参加して体を動かしていました。スキル的な部分に関しては、昼休みに集中的にアドバイスをもらい改善していきました。12月から2月の初めは、共通テストや私立受験があったので、自主練習という形で公園で走ったり家で動画を見たりして対策しました。副選択の対策は、主に専門の予備校でおこないました。予備校では、試験の特徴や身につけるべきスキルを教えてもらいました。それを元に公園で自主練も実施していました。保健体育論述の対策も、主に専門の予備校でおこないました。予備校では、試験の特徴や傾向を教えてもらったので、それを元に自分で問題を作成したり教科書を読み込んだりしました。

入試(受験)における苦手科目と克服の対策を教えてください。

私は、数学が苦手でした。数学に関しては、苦手意識が強く、問題を解けないと思いすぎていました。そこで、基礎固めをしつつ、基本的な問題をこなしていき、「自分は解けるんだ!」と徐々に自信をつけるよう意識しました。そのおかげで、秋以降にようやく結果が出始めました。当初は4割しかとれていませんでしたが、本番では7割もとることができました。

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時やモチベーションの維持のために、どんな工夫をしましたか?

私は、世の中の成功者たちに関するYoutube動画を見たりや本を読んだりして、成功マインドを常に取り込んでいました。また、たまには放課後だらだらと友達と一緒にくだらない話をしてリフレッシュしていました。

通っていた予備校(塾)があれば教えてください。またなぜその塾を選んだか、実際に通ってみての所感など教えてください。

2次試験対策で体育進学センターと、英語対策で藤井セミナーという予備校に通っていました。体育専門学群の受験対策を教えてくれる予備校は、体育進学センターしかありません。体育進学センターは、先生も周りの受験仲間もフレンドリーで受験対策しながら気分転換できる雰囲気です。英語対策では、藤井セミナーという少人数制の予備校に通っていました。そこでは、英文法・英単語・長文読解をテストや復習も兼ねて毎週毎週繰り返しおこなっていきます。やるべきことが明確で、効率的に成績を伸ばせることができます。さらに、他の大手予備校と比べて安いので圧倒的にコスパがいいです。

筑波大学受験当日に宿泊したホテル(宿泊先)についてお聞きします。あなたの宿泊先の良かった点、気をつけた方がいい点も合わせてお答えください。

【ダイワロイネットホテルつくば】駅の近くで、バス停が近くだったので安心して受験会場に向かうことができました。

筑波大学受験当日にどのような交通機関(バス・タクシー・親の車など)を使っていましたか?またおすすめのポイントや困った点も合わせてお答えください。

私はバスを利用しました。受験生のために、案内やバスの運行数を増やしていたので特に心配しませんでした。

推薦・AO/AC・二次試験(前期・後期・総合選抜)・編入学の入試(受験)前日・当日はどんな試験内容で、どんな雰囲気でしたか?

私は、試験当日は「ようやくここまで来た」という安堵や達成感がありました。滑り止めも決まっていたため、「自分自身の力を全部出し切るぞ!」という気持ちで挑みました。そのため、周りの雰囲気を特に気にかけることもなく、うっすらと受験が終わった後のことを考えていました。

筑波大学の入試(受験)で、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

特にありません。自分自身の力を全て発揮しました。

あなたの学類に入って良かったと思えることは何ですか?

【体育専門学群】みんなフレンドリーで授業の時も楽しく関わりながら過ごすことができます。しかし、スポーツのことになると、真面目で真剣に自身の専門競技と向き合っています。そういった大学生アスリートと身近に関われる環境は、数少なくとても貴重で勉強になります。

あなたの学類に入って受験期と比較してどんなギャップありましたか?

【体育専門学群】思った以上に、体育会系でした。体育・スポーツ分野の中で優れた研究機関なので、体育・スポーツを客観的に捉える組織だと勝手に思っていましたが、しっかり体育会系でした。

筑波大学入学後、特に力を入れている活動(部活・サークル・学生団体・研究など)ですか?

体育会で学生トレーナーとして活動しています。トップアスリートと関わりながら、実際に大学で学んだことをアウトプットできる環境で、日々勉強しています。

あなたの将来の夢を教えてください特に筑波大学入学後で夢が変わった場合教えてください。

将来の夢は、正直迷っています。本当にやりたくないことを選びつつ、自分の興味のある分野は融通が利くような経験少しずつを積み重ねています。

最後に、今受験で戦っている筑波大学を志望するみなさんに応援メッセージ・アドバイスなどをお願いします!

私は「不合格のことは一切考えず、合格することだけを考える」ことが合格につながったと思っています。これを意識すれば、自ずと行動も変わります。みなさんが合格できるよう、心からお祈りしています。

 

create

受験応援

筑波大学を目指す全ての受験生を応援

筑波大学の入試を完全理解する4ステップ

筑波大の「入試傾向と実態」を知る

受験応援

このカテゴリの記事一覧へのリンク