筑波大学合格体験記!生命環境学群生物学類(推薦入試)〜第2志望校なし、併願校なし、を貫き通して筑波に来ちゃった人の話〜


受験生時代のあなたのプロフィールを教えて下さい

名前:A.M

出身高校:県立N高校

学部:生命環境学群 生物学類

入学年度:2014年度

入試形式:推薦入試

併願校:なし

おすすめ参考書:生物図説、生物重要問題集、速読英単語、面接のためのメモ

所属:バドミントン

部活の引退時期:6月

 

筑波大学を受験した理由(志望動機)を教えて下さい。

 

私は最初筑波大と広島大どちらにするか迷ったのですが、

JAXAが近くにあったり、長野と似ていて自然豊かであったり、

研究設備がしっかりしていたり…そういう理由で筑波を志望しました。

 

それから、実家が近い(長野新幹線がある)、

他学の講義がとれる(幅広くいろんな分野に興味があるため)というのが隠れた志望理由でした。

 

生物なのに宇宙の方が好きです!美術大好き!今めっちゃ絵描きたい!

趣味でやってるコスryにハマって抜けられない!

こたつ!こたつがお友達!

…こんな人でも受け入れてくれそうな大学は筑波ぐらいでしょうか…?笑

  

推薦・AO試験への入試(受験)対策として、おすすめの対策を教えて下さい。

 

推薦入試には小論文という名の筆記テストと面接があります。

 

小論文のほうは過去問をやってもらえればわかると思いますが、

毎年まんべんなくいろんな分野から出題されていることがわかります。

 

しかも毎年出題方式も変わっているので、

過去問だけやっておけば大丈夫というわけにはゆきません。

 

図説を最初から最後まで何回も目を通すことをお勧めします。

それから重要問題集など、記述式の問題集をやるべきです。

 

この時期は周りの一般受験勢は必死にセンターの勉強をしているかもしれません。

 

推薦のひともセンターの勉強をやめないで続けていきましょう。(意外と役に立つはず!)

 

面接は何ヶ月も前から対策する必要はないと思います。

(わたしは一週間前から始めて、本番前日にやっと自分の言いたいことがまとまりました笑)

 

何人かの先生に面接練習をお願いするのがよいです。

 

ただ、わたしのように言いたいことがまとまらないうちに

練習をお願いすると先生に迷惑をかける場合があります笑

 

自分の言いたいことをノートなどにまとめることで、

自分を見つめ直すのにとてもよい時期になると思います。

 

 

推薦・AO試験の入試(受験)当日はどんな試験・雰囲気でしたか?

 

周りからは緊張が結構伝わってきていたと思います。

 

小論文の内容は過去問を見てください。

 

面接はわたしの場合、がちがちな面接かと思っていたのですが、

実際に面接が始まるとすごく和やかな雰囲気の中でのものでした。

 

言いたいことを文章にして丸暗記するのではなく、

キーワードを覚えていくようにするとうまく対応できるのではないのかと思います。

 

入試(受験)における不得意科目と克服の対策を教えて下さい。

生物のなかでも理解しやすいところとしにくいところがあったので、

図説を使ったり、先生に聞きにいったりしていました。

 

 

入試(受験)に対するモチベーションが落ちた時に、どうやってモチベーションを上げましたか?

 

自分はなんのために大学に行くのか、自分がやりたいことは何なのか、

考えていると自然にやる気がおきます。

 

 

筑波大学の入試(受験)全体を通して、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

 

英語を受験の時期にもっとやっておくべきだったかなと思います。

 

 

 

今の学群・学類に入って良かったと思えることは何ですか?

 

ひとりひとりがしっかり実験できたり

(ウシガエルの解剖では一人一匹解剖させてもらえました)、

生物の知識が広がりました

(当たり前ですが笑)。

 

また、周りには専門的な知識を持っている人が多いと感じます。

仲良くなれば、興味深い話が聞けるかもしれません。

 

 

 

筑波大学入学後、特に力を入れている活動はなんですか?

 

時期によって様々です。学祭の時は学祭の準備に力をいれたし、

試合前は練習頑張ったし、試験前には図書館に籠城しました。

 

時と場合によって力を入れる場所を変えるのも一つの手です。

 

 

筑波大学を受験する皆さんに熱いメッセージ・アドバイスなどをお願いします!

 

自分が受からなかったら誰が受かるんだ、ぐらいの勢いで頑張ってください!

 


Fudousan Plugin Ver.1.2.1 nendeb